脱原発リスク?北海道大規模停電(産経新聞の主張に疑問)

北海道の震度7の地震があり、北海道全体での停電と言う現象が起きた。こういう災害があると、防災と言う仮面をかぶった論調が増えるものである。直ぐに電力屋と安倍自公政権がそれを利用して原発の必要性を説こうとするようだ。先日書いた、某NPO理事のお粗末な一文もその一環であろう。

さて、産経新聞(9月25日)の「主張」は北海道の全停電に関して、「脱原発リスクの顕在化だ」と見出しを掲げる。では内容を吟味していこう。

「北海道電力の泊原子力発電所が稼動中であったなら、管内の各発電所がドミノ倒しで機能停止するブラックアウトと呼ばれる全停電に陥らなかった可能性が高いからである」

タラ、レバの仮定の話である。しかしそれに付け加えなければならないタラ、レバが存在する。「泊原発が地震で停止しなければ」との条件が必要なのだ。そしてこの考えに間違いがなくても、全停電を防ぐ方法は他にもあることに触れていないとの問題がある。

要するに電力供給のセキュリティ問題なのだから、火力発電所が多く存在することでも、再生エネルギーによる発電能力がたくさんあっても全停電は防げる。原発でなくても良い。そこに論理の誘導とすり替えというテクニックが使われている。

後段に、

「広域停電は本州や九州、四国でも起こり得る事態だ。欧州とは異なり、日本は周辺国と送電網で結ばれていない」

と書いている。ところがだ、北海道と本州の間には60万KWの北本連携設備と言う、北海道と本州を結ぶ送電線が存在するのである。しかも、2019年3月の実用化を目指して30万KWの増設を北海道電力が実施中だ。このことに産経新聞の主張は全く触れないのである。

そして結論は、

「政治が原発を語り、国民の理解を深めることが必要だ。3選を果たした安倍晋三首相は、年末のパリ協定会議も視野に入れ、原子力利用の立て直しを急ぐべきだ」

としている。北海道の全停電を奇貨として、種々ある電力セキュリティの方法を、巧みに誘導し、原発稼働促進へと結論付けるのは、社説(主張)の政治利用とも言えるだろう。

遂に「主張」まで阿比留瑠比化したか、産経新聞!

 


墓じまい、押し付けられた葬送習慣の期限切れ

日本人は海外での入国カードの宗教の欄に「仏教徒」と記入することが多い。葬式を仏式で行っていることや、墓が寺にある事がその背景である。しかしその事はその人たちが仏教徒であることを意味しない。何故なら、宗教としての仏教など知らない人がほとんどだからである。

日本人が皆寺の墓に骨をおさめ、仏式で葬儀を行うようになったのは、江戸幕府が寺請け制度を始めた影響が大きいのではないか。つまり宗教としてではなく、言わば戸籍係、住民登録係のような行政上の役割を担わせたのである。以来寺と神社がセットになっていった。例えば東京の多摩地区での新田開発の時にも新たな村に必ず寺と神社を置いたのである。人々の死亡についても葬式をし、埋葬をしてその事実を確認し、記録に残したのである。信仰から始まったことではないのだから江戸幕藩体制から明治の世になって150年、人々が制度として言わば強制されていた墓制に疑問を持つのは自然の流れである。そしてその変化の間、江戸時代の制度に守られた仏教がその上に胡坐をかいていたことも事実だろう。仏教を信じている人は希な存在ではないか。

唱えるお経など、誰それが何をした、なんていうお話であることも多い。漢音、呉音などで読むお経は一般人には理解できない。呪文のようなものである。勿論般若心経のようなきわめて深い意味を持つ経もあるのだが。

私は曹洞宗の紅谷庵で座禅を教わった。曹洞禅は宗教ではないことを知った。仏像に礼拝をしながらも、その対象は仏像でなくても何でもよいのだと教える。形式に従いながら本質は完全な自由なのである。そこに方円の器に従いながらも、自らの性質を断固失わない水の心が重なる。

墓じまいが増えているそうだ。私も兄と相談して10年前に墓じまいをした。

それにしても、葬式ビジネスで生活しようとする“僧”に本当の仏教があるのかと気になる昨今である。

 


阿比留瑠比の教育勅語感は無理筋の塊

世にいるグルメレポーターなるものが、大したことがない料理を口にしても、理由を探し出しては誉めるのに似ている感がする。それほど薄っぺらいのが阿比留瑠比の教育勅語感だ。

産経新聞(104日)の極言御免は文字通りの曲言御免と化していた。「柴山発言 どこが『バカ』か」という見出しは既にタブロイドレベルだ。こういう見出しは月刊誌『ABIRU』でも創刊して使う方が良いだろう。

柴山文科大臣の教育勅語発言に対する共産党の宮本議員が「バカ呼ばわり」したことについての記事なのである。

「明治天皇が人が生きていく上で心がけるべき徳目を簡潔に示した教育勅語」

と阿比留瑠比は書くのだが。間違いだ。教育勅語は「君に忠、親に孝」を説いたものであり、徳目を書いたものなどではない。幼時より、本物の教育勅語【巻物】を読み、父から教えられたものである。

一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」

天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼とあるところに、目的が明記されているではないか。阿比留瑠比の“意図的曲解”が明白である。 

教育勅語は井上毅、元田永孚らの起草によるものである。それを明治天皇の勅語という「形」で出したものである。「明治天皇が…示した」との阿比留瑠比の認識は基本的に全くの誤りである。

また1947年の現憲法施行後、衆・参両院において「神話的国体観」「主権在君」を標榜する教育勅語は日本国憲法に違反しているとみなされ、参議院では憲法の最高法規性を規定した憲法第98条に基づいて、衆議院では教育基本法が施行された結果として、教育勅語は『既に失効していること』が明示的に確認され、衆参それぞれにより1948年(昭和23年)619日に教育勅語の廃止が決議された。(ウィキペディアの記述を簡略化した)

この経緯を知れば、「宮本氏がどれほど深く教育勅語を研究してきたのかは寡聞にして知らないが」との阿比留瑠比の言葉は「お前にそんなことが言えるか」と問われるべきものだろう。

かの前川元文科事務次官が初等中等教育局長の時に行った国会答弁を挙げているが、それは業務上の立場からの発言である。それを個人の意見の如く例示するのはそれこそ「バカ」ではないのか。大臣になったとたんに持論を封じ込め、政府答弁と整合性のあることを言うのを個人の意見だとする愚と同じである。

嘘で安倍政権を守ろうとするなど、新聞のすることではない。それだけでなく、その意見は教育勅語も明治天皇をも卑しめていることに気付くべきである。柴山擁護の屁理屈など、阿比留瑠比本人の評価を落としているものだとも気付くべきである。

とブログ原稿を書いたのだが、10月8日には産経新聞の「主張」がまた曲言の上塗りをした。教育勅語について、

「歴代天皇と国民が心を一つに祖先がきずいた道徳を守ってきたと日本の国柄に触れながら、それが教育の源だと説いている」

と書いている。本庶先生は「教科書を信じるな」といったが、これでは「産経新聞を信じるな」を言わずばなるまい。「歴代天皇と国民が心を一つに…」とは面妖な。鎌倉幕府が六波羅探題を置き、江戸幕府は京都所司代を置いて天皇家、朝廷を監視してきたのは歴史上明白である。馬鹿なことは言うものではない。そして、

「『一旦緩急アレバ』から続く文言は、国の危機に当っては国民それぞれの立場で協力する当然の責務をうたっている」

と書く。その目的とする「以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」を意図的に隠す説明など、歪曲、隠蔽の類ではないか。さらに、

「昭和23年、国会で排除・失効の決議がされたが、当時は占領下で連合国軍総司令部(GHQ)の意向に従わざるを得なかった事情がある」

と指摘する。噴飯ものではないか。

GHQに押し付けられた日本国憲法を今も捧げ持っているくせに、その憲法の改正を、その押しつけ憲法の規定に基づいて行おうとしているのに、教育勅語の排除・失効については国会の議決があるのをないがしろにするのか。国会で議論しようというならともかく、いかにもご都合主義であり、コンプライアンスなど無縁に見える。

他紙を読んでいないので今言えるのは、「少なくとも産経新聞を信じてはならない。自分で調べて判断すべきである」ということだろう。青少年よ、騙されまいぞ!

 


「四島返還の決め手はこれだ」という榊原智の”作文”に見る弱点

産経新聞の論説委員の能力不足は日常的なことなのだが、論説副委員長という論説委員の中でも中心にいる榊原智の「四島返還の決め手はこれだ」と題する一文(「風を読む」9月18日)を読んで、その論理力、洞察力の不足に驚いた。

ウラジオストックにおける東方フォーラムでのプーチン露大統領の提案を受けての、北方領土問題に関してのコメントである。

「そこで北方四島返還に繋がる秘策の一端を披露してみたい」

と榊原智は自信ありげに書いている。産経新聞にそんな知恵者がいたのかと続きを読んでみた。

「北方四島の広さの93%を占める択捉・国後両島はオホーツク海に面しており、この海にはロシアの核ミサイル搭載原子力潜水艦が潜んでいる。北欧のバレンツ海に配備された戦略原潜と並ぶ、対米核攻撃用の虎の子だ」

オホーツク海にロシアの核原潜が潜んでいるのはその通りだが、それが北方四島の中で国後・択捉がその大部分の面積を占めるのと何の関係があるのだ。原潜のひそむオホーツク海は千島列島、カムチャッカ半島、ロシア大陸、サハリンそして北海道によって取り囲まれている。北方四島はその微々たる一部に過ぎない。単なる意識過剰というより、分析力、考察力が不足なのではないか。無関係の文章をさも関係ありそうに、読点で結ぶとは、基礎的な部分に欠陥が見えるようだ。

「では日本はどうすべきか……有事には北方領土を利用せずともオホーツク海に潜むロシアの戦略原潜とそこから発射される核ミサイルを迅速に無力化できる態勢を黙って整えればよい。これは専守防衛に反しない。共同経済活動よりも有効な返還促進策であり、対ロ交渉が進むこと請け合いだ」

との結論部分は、読むに堪えない。こういうものを仙台弁では「あぺとぺ」と言うんじゃなかったか。支離滅裂と言ったらよいのか…

北海道に対潜水艦基地を設置したのでオホーツク海に潜むロシア原潜を無力化できるようになりました、となれば北方四島が返還されると言っているようである。違うだろう、それが意味するのは、それは、日本(日米)はオホーツク海のロシア核原潜対策用の軍事基地目的での北方四島は必要なくなったと宣言することではないのか。すると四島が返還されると言うのか。馬鹿も休み休み言え。ロシアにとって国後・択捉が必要でなくなるとでもいうなら別だが。。

ロシアが国後択捉の保有にこだわるのは海峡の自由航行が目的なのである。海峡の片側、或いは両側が敵国であれば、海峡封鎖が行われる可能性が高い。オホーツク海を囲む陸地は数多あれど、オホーツク海から太平洋に出入りするための海峡は国後、択捉に限定されるのである。海峡は千島列島にいくつもあるが、冬季に結氷しない海峡が国後、択捉島の所に限られるのだという。原潜だけではなく、ロシアの艦隊が太平洋に進出できるかどうかにかかわる極めて大きな軍事地理的位置にあるのである。

だからこそ、ソ連は不可侵条約違反との汚名も顧みず、国後、択捉に侵攻し、軍事占拠したのではないか。また、国後、択捉に米軍基地が出来ることに異常な警戒心を持つのである。北海道北岸に米軍基地が出来たとしてもロシアはそんな拒否反応など示すまい。

国民に間違った印象を持たせるような論説は不要である。フェイクの一つと言えよう。論説副委員長ですか…、このようなものを「北方領土返還の秘策」と言うのが…

艦船の海峡通過の安全確保の観点から、つまりその軍事的価値から、ロシアにとって南サハリンと国後・択捉は絶対手放せないものなのだ。

 


気仙沼防潮堤工事の不明朗な動き

まず、9月26日の河北新報(デジタル)の記事を引用しよう。

「気仙沼市内湾地区の防潮堤高を宮城県が誤って施工した問題で、村井嘉浩知事が25日に防潮堤を造り直さないとする最終判断を下したことに関し、地元の地権者や住民団体は一斉に反発した。一貫して造り直しを求めた地元の意向を無視された形となり、住民は「あまりにも乱暴だ」と怒りをあらわにしている。

 「協議会としての要望が受け入れられなかった。非常に残念だ」。中心市街地の再生を議論してきた住民団体「内湾地区復興まちづくり協議会」の菅原昭彦会長が無念の思いを吐露した。午前9時半ごろ、村井知事から直接、電話で造り直さないことを伝えられたという。

 菅原会長は「県に対する不信感は残ったままだ。協議会としてどうするのか、今後、検討したい」と話した。近く会合を開き、対応を話し合う。

 協議会は間違った防潮堤の背後地にある魚町地区で再建を目指す住民の考えを尊重し、県に造り直しを求め続けてきた。15日に市役所であった会合でも、造り直しを求める方針を確認したばかりだった。

 地権者の男性(50)は「われわれに説明もせずに、いきなり頭越しに方針を発表するのは乱暴だ。そもそも間違ったのは県。全く反省していない」とあきれ顔。協議会メンバーの男性(60)は「15日の会合でも県の職員に丁寧に議論するようくぎを刺したばかりだった。一方的に議論を打ち切るのは許されない」と怒った。

 東日本大震災後、市は海岸沿いに整備される防潮堤に関して、住民合意に力を注いできた。県が今回高さを間違った防潮堤も2年以上の議論を経て、高さが決まった経緯がある。

 協議会の場でも「住民との合意がない防潮堤を気仙沼には造らない」との持論を強調していた菅原茂市長は、「住民合意がないまま、誤った高さの防潮堤が整備されることは非常に残念。(県には)住民の思いを真摯(しんし)に受け止め、対応してほしい」と注文を付けた。」

「知事あまりに乱暴」と地元住民は怒る。権力者があまりに乱暴であったり頑迷であるときは、そうせざるを得ない状況に追い込まれていると見た方が良い。資材調達の責任者をした経験からは、往々にしてそれは毒まんじゅうを食った時に起きる現象だと思うが。どんな毒饅頭なのか…?大阪人は徳や義よりも、利を重視する傾向を持つから心配である。

同日の産経新聞には、村井知事がこのような住民無視の方針を取る理由として4点が挙げられている。,泙舛鼎りの安全安心の確保が遅れる道路も含めた早期のまちづくりの完成が遅れるBい蠶召靴が技術的に難しいて札不調によるさらなる工事の遅れの懸念、というものだ。´↓はだからこそ工事を仕様通り、計画通りに進めるべきだったのであり、すべて監督がずさんだった県の責任である。い世韻性格の異なる理由だ。本当の理由の匂いがする。

だが、村井知事は作り直しの入札が不調になりそうだとどうやって知った。何故仕様と異なる工事をした業者負担で作り直しが行われずに、新たに入札をして作り直しの工事をすることになるのか。その辺りに深い闇の片鱗が顔をのぞかせている。何か本当のことが言えない事情が隠されているように見える。通常発注者に余程の弱みがなければ、間違った工事を認めるようなことはない。そして村井知事は、住民側が求めるミスの原因と経過、責任と処分について、「誠意を持って丁寧に説明したい」と述べた由。奇怪な。ミスの原因と経過と責任について「丁寧な説明をしたのちに」結論を出すべきなのではないか。

業者とグルである可能性も否定できない。こういう時こそ県議会は徹底追及をすべきなのだが。その議会も…と言うことも考えられないわけではない。嗚呼、宮城県!

 


アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(219)

本日(9月30日)は極めて強い台風24号がやって来る日だ。昨日も悪天候だったが、今日もぐずついている。この台風の通過で合計千ミリの雨量となるところがあるそうだ。何だか年間雨量と間違えそうな量である。古来の政治の中心であった治山治水の考え方を根本的に考え直す時なのだと感じる。河川だけでなく排水施設の仕様が既に現実に対応していない。人類は人類の享楽的、安楽的要求を満たそうとして、却って地球システムを壊し、苦難、苦痛の中に入り込んでいくようだ。オリンピックの、サマータイムの、と騒いでいる連中はイソップの話のキリギリスなのであろうか。こういう時にこそ、賢者、賢王が必要なのだが、身びいきの君しかいないのでは先が心配である。

さて本日の特別ランチは先週に続いてアマダイだ。それも「バター焼き、豆乳と青のりのリゾット添え」だ。リゾットの上にアマダイのバター焼きが載っている。それらを合わせ、食すのである。素揚げしたパプリカが添えられているが、その赤が目を刺激する。パプリカの輝くような赤の脇には、やや地味なトマトソースの赤が控えている。アマダイのカリッとした食感がいい。

デザートは仙台の秋の味覚、イチジクのコンポートだ。

 


園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(159)経産省によるメタンハイドレート研究への参加強制(1)

探鉱部総合課長となって、(クソ)忙しい毎日を送っていたある日のこと。常には常務室に呼び出すことが多い片平忠実常務が私の所に来た。手には紙の束を持っている。

「オラあ、どう考えてもこれがものになるとは思えない。と言って経済産業省のアンケートだからやんわりお断りのニュアンスで書いてみてくれ」

「何のアンケートですか」

「メタンハイドレートというものだ。五か年計画も行き詰って、新しいものが欲しいと言う所なんだろう」

残念ながら、油田、ガス田の探鉱・開発に集中してきた私はメタンハイドレートなるものを知らなかった。

「少し勉強して、案を作り、お持ちします」

と答えた。因みに「オラあ」だが、片平常務は静岡県清水と言うが元は庵原郡の生まれ、育ちであるので、静岡弁が残っていたのである。(私も小笠郡堀之内の生まれで静岡弁が話せた)

これは私が45歳の時、つまり今から25年前の事なのだ。当時の経済産業省工業技術院地質調査所の奥田義久(私の東大院での同期生)と東大理学部教授の松本良(東大院での後輩)と石油資源開発の子会社地科研の青木の3人がメタンハイドレートの本を書いて、未来のガス資源と騒いだのである。著者3者にはそれぞれの思惑があったようである。

奥田は資源調査をも扱う地質調査所の、研究分野開拓、松本は非金属鉱床学の新分野の開拓、そして青木は地震探査の対象分野拡大との功績を頭に描いていたように思えた。

しかしこれらの著者は3人とも石油天然ガス開発の専門家ではなかった。だからこそ、単なるメタンの集積の1形態に過ぎぬ段階でそれを資源と呼ぶ誤りを犯していた。

メタンハイドレートはほぼ500m以深の深海において、地下から漏れ出て来たメタンガスがハイドレート化したものである。すなわち石油・天然ガスの重要な特徴である液体ではなく、固体なのであった。その存続条件である、低温と高圧を変えれば、メタンハイドレートは分解してメタンガスと水とに分離する。だがその条件は石油天然ガスの採取のように坑井で行うのには不適である。温度変化も圧力変化も坑井から離れるにつれ急激にその度合いが減るからである。すなわち、本来露天掘りで採取するのが望ましい固体状態のものだったのだ。そして深海底なるが故に露天掘りもできない条件下にあったのである。

石油天然ガスという流体鉱物を扱って来たものの目から見れば直感的に相手になどするべきではない代物だったのである。(続く)

(昨日載せる積りだった高須洋介楽天コーチのサイン入りタオルの写真)

 

 


楽天球団の高須打撃コーチを囲んで

プロ野球の楽天球団は仙台に本拠地を置く。「いぶし銀の打者」と言われた高須洋介打撃コーチを囲む会が一夕開催された。個人的に「高須洋介」氏が好きと言う有志20人余が集まり、高須コーチを囲んでワイワイ、がやがや、野球談議に花を咲かせた。

当然なのだろうが、楽天ファンが多い。それだけでなく野球に関係した人も多い。現在野球の指導者をしている人もいて、飛び交う話は野球談議ではなく専門的なのだ。たとえば、ピッチャーの「ボールを放す位置とバッティングの難易度の関係」だとか。初めて聞く言葉も多い。それを高須さんが分かりやすく説明してくれる。野球技術にとどまらず、育成のこと、はては…まで。

何回かこの会に出席して分かったのは、野球と言うスポーツが驚くほど緻密な理論と技術に基づいたものだということだった。それを知るほどに、野球のゲームを見る目が違ってくる。奥深さが分かってくる。

ルールが複雑なので、それを知らなければラグビーなど面白くない。だが分かってくるとたまらなく面白い。それと同じように、野球というものの妙味を教えてくれた高須さんには感謝である。

低迷する楽天球団の成績に、ファンである会の参加者からは「もう一度選手に戻ってプレーしてくれないかな」とのお願いも複数から出た。あの、職人芸的バッティングをもう一度見たいと思う人は多いのではないだろうか。

 


<< | 2/614PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM