「女性候補の不在はおかしい」と言った稲田朋美がさらに珍妙な発言。こんな人が議員でいることの方がおかしい!

安倍晋三前首相が事あるたびに稲田朋美を総裁候補と持ち上げてきたのは事実である。安倍晋三自身の評価を下げるような発言をしてまで、女性活躍キャンペーンに利用したのだろうが、それを本当だと受け取る稲田朋美の見識が疑問だ。

今回の自民党総裁選挙に立候補したのは菅、石破、岸田の男性3氏だった。それに関して稲田朋美がこういったそうだ。「女性候補の不在はおかしい」と。

自民党の総裁選の規約では女性男性の区別なく立候補できる。野田聖子は複数回総裁選出馬を試みたが推薦人20人が集められずに諦めている。つまり女性候補がいないのがおかしいのではなく、推薦人20人さえ得られぬから候補者になれないだけなのである。物事の考え方に決定的な間違いがある。

さて菅内閣の組閣についてだが、「稲田朋美元防衛相(61)が、21日放送のTBS「グッとラック!」のインタビュー取材で、菅義偉内閣で女性大臣が2人となったことに「安倍政権最後は3名でしたけど、さらに少なくなったなという印象。閣僚や党の役職に女性を登用してほしいと申し入れていたんですけれども、なかなか響いてなかったのかな、少ないなという印象」と語った」と報道された。「閣僚や党の役職に女性を登用してほしいと申し入れていた」などというところに稲田朋美の欠陥が如実である。本来閣僚は国家・国民のために適材を撰び適所に配するのが鉄則である(もちろん実際は利権がらみで決まるのだが)。女性閣僚をただ女性の閣僚数を増やしたいからというのなら、それがそれこそ女性差別の典型だと気づかぬのか。そろそろ、自分の本当の価値・能力を知るべきではないか。持ち上げられて自惚れるものは数多いが、それは愚かさのなせる業である。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM