園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(239)本社からの訪問者(9)若杉社長(続x5)

何とも話題の多い社長訪問である。今日は『続x5』との表記に変えざるを得なかった。さて、パースで1泊後の朝、おつきの者が「おはようございます。昨晩はいかがでしたか」と話しかけている。「あんまりパッとしませんでしたね」との若杉社長の言葉に、そうだった、カジノに早速行ったんだな、と感じた。

カジノ通いだからパースでの宿泊先はバーズウッドだった。同様にキャンベラではカジノ併設のホテルに宿泊した。以前にも書いたことがあるように感じるが、そこを出発してシドニー経由で帰国と言う時、ホテルのロビーで出発のために全員集合したが若杉社長だけが現れない。部屋に電話しても出ない。皆が心配した。いよいよホテル側に話して部屋を調べに行こうとしたときにカジノとの連絡通路から若杉社長が現れたのである。曰く、「やっとツキが回ってきたからもう少し続けたい。ギリギリいつまで待てるか」。これには一同唖然!

賭け事にのめりこむと他者のことなど考えなくなるのはドラマなどではお馴染みの事なのだが、まさか自分の会社の社長がそうだとは。黒川前東京高検検事長も休日に海外のカジノに出かけるほどのギャンブル狂だったとか、こう言う人が本当に存在することに驚いた。冷静な判断には向かない人だったのではないだろうか。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM