Without Colonaこそが政府が目指すことだろうに

嘗て人類は結核という病に悩まされてきた。明治時代の文豪にもその作品の主人公にも結核、肺病みが多く登場する。我々も子供時代にツベルクリン検査をし、陰性ならばBCG注射をした。しかし、結核を撲滅し、ツベルクリン検査そのものを実施しなくなった。

しかるに現下の医者たちは新型コロナウィルス撲滅を本当に目指しているのだろうか。ワクチンを本当に作る気なのだろうか。もしも新型コロナへの対処法を確立しようとしているなら、そしてそれが可能だと考えるなら、なぜ「with colona」なんて標語が出てくるのだろう。Without Colonaこそ目標ではないのか。

さらに安倍政権での専門家会議なるものが「新しい生活様式」なるものを提案し、大々的に政府が実行を国民に求めている。生活様式を医者がその狭い範囲の知識で語ることが本来越権のように感じるが、それはともかく、「新しい生活様式」を定着させることは間違いだろう。「ワクチン開発に成功するまでの臨時の生活様式」であるべきである。新型コロナウィルスはペットにも感染するそうな、犬、猫、小鳥、はては爬虫類にまでマスクをさせ三密を避けよと言い聞かせるのか?それは冗談だとしても、元の生活様式に戻せるようにするのが政府の仕事、責任である。マスクであそこを儲けさせ、給付金でこっちを儲けさせ、なんてやってる暇に本気で疫病対策をせよ。政商「電通」には別途鉄槌を下せ!

スキンシップを否定するような社会が人間にとって幸せなものであるはずがない。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM