予備役ブルーリボンの会に期待する

6月25日の産経新聞の『直球$曲球』に葛城奈海の「国民の救出、他国に委ね続けるのか」との記事が載っている。驚くべき、従来の日本ではタブーと言われる論議だ。難点はあるのだが、予備役ブルーリボンの会には期待するとともにエールを送りたい。コメントしながら紹介したい。志を感ずるのだ。

(記事全体はhttps://www.sankei.com/column/news/200625/clm2006250004-n1.html

「拉致問題を「最優先課題」としながら、5人の拉致被害者が帰国してから20年近く、一人の帰国も実現できていない政治の責任は重い。一方で、このような情けない国のままであることを許してきた、われわれ国民もまた、自らの恥として、責を深く自問すべきであろう。」

過去最長政権であり「私の内閣で必ず取り戻す」と”決意”(のみだが)を語った安倍晋三首相の責任の重さを指摘し、その不作為を咎め、そんな政権を作った我々にも責任があると主張している。換言すれば政権を変えるべきだと主張しているのである。

「予備役ブルーリボンの会では、かねて拉致被害者救出に自衛隊を活用することを訴えてきた。これに関連し、昨年12月に特定失踪者家族会から菅義偉官房長官兼拉致問題担当相に提出した要請文書に対し、本年3月に届いた回答には、「自衛隊への任務付与」について「政府全体として、不断の検討を続けて参る所存」とあった。」

メディアは全く報じないようだが、特定失踪者家族会が菅官房長官兼拉致問題担当相に自衛隊を救出に使う要請をし、安倍政権は「不断の検討を続ける所存」(太字、下線は筆者)と答えたとある。「所存」というところが味噌である。こういう言葉は安倍政権では『何もしない』と同義である。

島嶼奪還部隊を持つ安倍政権だが、竹島も北方4島も奪還などせずにいる。尖閣に至っては占拠直前にもかかわらず守ろうともしない。

葛城奈海さん、だからといって日本が国の意思として自衛隊による拉致被害者救出ができると思いますか?相手は核ミサイルを持つ国ですよ。米国がビン・ラディンをパキスタン領に許可もなく侵入し、殺害したのは、世界最強の核兵器を持つ軍事大国なればこそなのですよ。

日本の自衛隊が北朝鮮に進入して救出など、核戦争能力を持たぬ日本には到底できないことでしょう。しかし、日本国家とは関係なく私的に実行するなら出来ないわけでもないかもしれません。北朝鮮とは国交がありませんから。ゴーンの日本脱出を参考にすべきでしょう。それにしてもそういう提案をする予備役ブルーリボンの会には敬意を示したいと思います。拉致問題だけでなく、将来必要となるかもしれない軍政に関しても大いに学んでおいて欲しいと願います。ちなみに私の父はスマトラで軍政に関与していました。

今日は7月7日、拉致被害者と家族が再会できることをさらに強く願います。さらに、もっと啓蒙活動に力を入れてください。愚か者が増えた日本に一筋の光明を見る思いがします。敬礼

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM