沖縄戦後75年、私にも語り継ぐべきことがある(1)

米国で白人警官に黒人の一般人が虫けらのように殺されるという事件が起きた。人種差別が根底にある。いや、差別というより白人の黒人に対する「優越思想」が背景にある。そして新聞には沖縄戦から75年が経過したとの記事が出ていた。この二つの記事が私に沖縄戦に関する”事実”の伝言をこれからの世代に残しておかなければならぬとの責務を思い起こさせた。勿論私は戦後の昭和23年生まれであるから沖縄戦を体験などしていない。然し体験者からその体験を伝承して欲しいと頼まれたように感じている。

私に話してくれた人は私が堺市立三国丘中学校に通っていた時の体育教師、酒井氏である。当時は団塊の世代がちょうど中学生で、校庭にはプレハブの教室が増設され、校庭はかなり小さなものになっていた。体育館などというものはなく雨が降れば体育は教室での自習となるのだった。そんな自習の時に酒井先生が「君たちには知っておいて欲しいことがある」と話し始めたのだ。酒井氏は沖縄戦の時に尉官であり、小隊長をしていたのではないかと思う。

沖縄戦の末期に米軍は沖縄に上陸作戦を実行した。もちろん日本軍はそれを阻止せんと陸側で迎え撃つ。しかし日本軍は既に兵站も兵員の補充も十分ではなく劣勢に立たされていた。酒井氏が強調したのは、「学校教育や新聞などに騙されるな。実際の沖縄への米軍の上陸作戦では黒人兵が先に上陸を敢行し、そのあと白人兵が上陸してきた。黒人兵は一番危険な上陸戦の先頭に置かれていて、いわば白人兵の弾除けにされていたんだ。米国は決して人種平等の国などではない」ということだった。

分かったような顔をして、みんな平等、多様性が大切などと声を張り上げるものがいるが、実社会は童話の世界ではない。実際に海外を歩いて自分の目で見てみよ。人種間の対立は想像以上に強いのだ。沖縄戦後でも既に75年、白人が現在でも黒人を虐げている米国、何も変わってなどいないように見える。(続く)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM