小林秀雄先生が「うろついている」などと山上直子、控えおろう、無礼では?!

山上直子の文章などそれほど読む価値がないと思っているが、不届き千万な表現を見れば物申さぬわけにもいかぬ。

産経新聞(6月23日)の「大阪特派員」の題名は『エトランゼの見た大阪点景』、勿論論説委員山上直子の筆である。冒頭をご覧いただきたい。

「道頓堀をうろついていた小林秀雄の頭に突然、モーツァルトの調べが鳴った−。思わず「ほんまかいな」とツッコミを入れたくなるような不思議なシチュエーションだが、本人が書いているのだから間違いない。」

あの隆慶一郎が小林秀雄先生の存命中は発表などできないと言って、小説の出版を控えたというほどの小林秀雄先生の行動を「うろついていた」と表現するとは…、何とも呆れた日本語音痴である。「うろつく」などという言葉は「犬がうろつく」「浮浪者がうろつく」といったときに使う言葉であろう。今では言わなくなったが、良家の子女であればそんな表現などするわけがない。以前にも指摘したがよほど日本語環境が悲惨な状況下で育ったのではないかと感じる。「思わず「ほんまかいな」とツッコミを」とくれば、それはもう吉本芸人レベルの教養の人だと想像がつく。こんなのが論説委員でいいのかねえ、余程力のある人の“紹介”で入った人なのかな。

倉橋健一の『人がたり外伝 大阪人物往来』では「また道頓堀を歩いていて、急に音楽が聴きたくなり、蓄音機屋に飛び込むようなこともあった。モーツァルトの…」とあるから「うろついて」は山上個人の表現であることが分かる。また、

「冒頭の小林秀雄は、終戦の翌年に発表された「モオツァルト」から」

とある。今少し文章を正確に書けぬものか。「冒頭の小林秀雄の話は…に発表された「モオツァルト」から取ったものである」とか。尤も引用ではなく「うろつく」など山上直子語に変えたからそうも言えぬが。

後段の、

「雑誌に連載された当時の冒頭部分は女性の言葉で語られているが、例えば「お宜しいんでございますので」が、現在の本では「かまひませんですやろか?」などとなっているという。上方婦人の言葉が、谷崎の観察によって作品に実現されていく過程だろう。」

最初に雑誌で発表された時の表現が、「現在の本では」変化していると山上直子は書くのだが、谷崎潤一郎は昭和40年(1965)に亡くなった故人である。「現在の本」ではなく「○○年の本からは」と書くべきではないか。まるで現在谷崎が存命で表現を改めているかのごとき書き方である。もっとも、「なっているという」という表現からは山上直子が確かめずに伝聞で書いていることが明瞭だ。

テレビ・ラジオの放送局のアナウンス部では、発音やイントネーションの教育を受けるそうだ(間違いだらけだが)。産経新聞も記者には日本語の書き方を教えたほうが良いのではないか。筆を折れ!と言ってはかわいそうか?

蛇足:題の『エトランゼ』が本文では「エトランジェ」になっている。注意力不足、とても校閲にはなれぬ。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM