産経抄は何処を向いているのか?

産経新聞の記者が会社経費を使って取材先(黒川前東京高検検事長)と接待賭けマージャンをしていたことがばれ、その実態の汚さが明らかになる中、世論調査にも信頼のおけぬことが分かってきた。ならば本来の記事や主張は大丈夫か?聖教新聞や赤旗と同じようにある特定の色に染まっているのでは本来の「新聞」とはとらえられなくなるだろう。もしかして「官邸新聞?」

さて6月20日の産経抄を読めばこれまた「あれ?!」と声が出る。冒頭を見れば、

「公選法違反(買収)容疑で前法相夫妻が東京地検特捜部に逮捕されたことで、またぞろ安倍晋三首相の任命責任を問う声が出ているが、抄子はこの宮内庁による人選の方が解せない。兵庫県立大の五百旗頭(いおきべ)真理事長が、天皇陛下の相談役である宮内庁参与に就いた件である。」

河合克之前法務大臣が、選挙に絡んで買収工作をしたという、ありえない(政界ではありうるどころか普通かも)構図なのだ。そして自民党総裁である安倍晋三首相が河合克之を法務大臣に登用し、しかも選挙に臨んで1億5千万円もの「異次元の選挙費用」を提供したのである。これが重要事でなくして何が重要事か。

もう一方の天皇陛下の相談係である宮内庁参与だが、本来天皇は国の「象徴」であり、政治には全く関与できない。つまり国民の生活に関与する機能は持たないのである。その相談係がだれであろうと、実質的に国民に何の影響もないだろう。産経新聞の基本姿勢が間違っているように感じる。抄子は笑止か。

付け加えれば、宮内庁と雖も役所であろう。其の人事は内閣人事局が行っているのだろう。其の人事に異論があるなら責任者に対して言うべきだ。それは菅官房長官であり、安倍晋三首相ではないのか?

解除になった飲み屋の酔っ払いの喧騒の中で、酒とつまみの並ぶ隙間で紙切れに原稿をメモしたのではあるまいな。それも会社経費なんてことは…

産経抄は、https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200620/0001.htmlで読める。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM