為すべきは新しい生活様式ではない!NZに学べ

小学校で新型コロナ感染防止のためのフェースガード(フェースシールド?何故日本語にしないのか)を着けた児童が教室に並んでいるのが報道された。行き過ぎだね。感染症が出る度にそれを個人で防護するようにするなら、接触感染を避けるなら対人接触を禁止することになり、空気感染が問題なら自由に空気すら吸えなくなる。文字通り息が詰まる生活になるのだ。

先に一度このブログで指摘したが日本は島国である。自然地理的に他国からのウィルスの侵入などを防ぎやすい。感染症の原因となるウィルスなどを国内に侵入させないような施策をこそ執るべきだ。蛇、トカゲ、亀、アルマジロ、勿論犬、猫でも海外からの動物の輸入検疫を厳重にすべきだ。なんなら動植物の輸入を禁止しても良いだろう。「新しい生活様式」という名で誤魔化しているが、「防疫無策」の国民個人への付け回しでしかない、「不自由な生活様式」とどちらが良いかと聞けば、国民は輸入ペットを捨ててでも「人間らしい生活様式」を選ぶだろう。

まして感染症対策ばかりではなく、経済ダメージに対する給付金やマスクの配布に関しても、危機を利用して随契で癒着業者が儲けたり、業者に儲けさせる役所が出たり(現実はいつもそうなのだが)、天下りの目的の組織と分かる天下り機関が出来たりすることを考えれば、それらの膨大な資金を防疫につぎ込むべきである。

実際に新型コロナウィルス感染者がゼロになった、同じ島国のニュージーランドでは、2万2千人の大観衆がラグビーの試合を観戦して、本来の「人間らしい生活」を楽しんでいる。

「馬鹿げた生活様式」など不要にできる政権に変えねばならない。使えないマイナンバーなど、高市と業者で「くそ役に立たぬ」システムを作り、誰かさんが金を手にしただけに終わったのではないか?我が国はNZにはるかに劣る。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM