麻生太郎の民度発言に思う

新型コロナウィルス感染者やそれによる死亡者数が他国に比べて低い原因について、他国の首脳に向かって「お宅の国と比べて日本は民度が違うからだ」といってやったら相手は絶句していたと麻生太郎が言ったから物議をかもした。

確かに、プールの中で排尿する、唾を吐く、外国に出かけても立小便をする、歩道の中央に立って通行の邪魔をする、盗んでも返せば罪にならない、列に割り込む、人の首を膝で圧迫して警官が故意の殺人をするなんて状況を見れば日本人(この場合は民族的意味で)の民度が相対的に高いのは事実であろう。長い海外経験からもそう感じる。

しかし、それを誇らしげに他の民族の人に対して、しかも直接言うとは…、その行為自体は「頗る民度が低い」ことの現れだ。日本人の長所に上げられる謙譲の美徳に縁のない、人なのでしょう。そういえば作家と称するチャラい、竹田某も日本人の民度は高いからと、主張していましたね。ご本人の民度は相当低く見えます。いずれも家庭教育が十分ではなかったのでしょう。要約すれば、日本人は民族的にかなり民度が高いが、その中に相当民度の低いものがいるとでもなるだろうか。

さてその麻生太郎の発言にあの蓮舫がかみついたとか。6月6日の「産経抄」はそれを取り上げている。

「貴方はどれだけ偉いのでしょう、麻生大臣」

と蓮舫が言ったことに関して産経抄は、

「国民の文化程度の高さに自信を示すことが、どうして麻生氏自身が偉いという話になるのか文脈が分からない。」

と書いている。しかし、民度が高いことが事実でも、それを敢えて相手に云うことは民度の低さの現れであると認識できれば、蓮舫の発言もおかしなものではない。産経抄に蓮舫に対する何らかの感情が働いているのではないか。私は個人的に蓮舫を好まない。しかし、客観的に見て上記蓮舫の発言には納得している。新聞は客観性が大切ではなかろうか。皆が阿比留瑠比では困るのである。

さて、蓮舫は日本人と中国人との混血だそうだ。国籍問題も騒がれるほどの方だ。血は争えないというか、確かに日本人(民族的)とは異なる思考法が垣間見えたりするから日本人を理解しにくいのかもしれない。

「俺は偉い」と思うのは良いが、それが事実であっても、「本当に偉い人」は他人に「俺は偉い」なんて言わぬものだ。それを言ったら「俺は馬鹿だ」といっていることになるのだが、麻生太郎にはそれが理解できるのだろうか。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM