東京オリンピック、中止も視野に入れた世論誘導

新型コロナウィルスに関して禁事態宣言を出したおかげで経済への莫大な影響が出ている。その対策費が大きすぎるほど大きい。金がいくらあっても足りない状態なのだ。その緊急事態がこれで終わりともいえぬところに財政の不安が募る。しかしながら東京オリンピックは来年に延期するとしてある。本来未曽有の経済危機なのだからさっさと東京オリンピックなど止めて、その分の金を国民が生きていくために使うべきなのだが、中止したら政権にダメージが来るとの懸念から止めるに止められぬようだ。先行してリベートをもらってしまった人もいるかもしれないからねえ。

でも現実に、給料をもらう仕事であっても人込みには行きたくないと思う人々が無償ボランティアどころか持ち出しボランティアとして東京オリンピックなど支えるわけがない。現実を直視すれば中止することになるのはほぼ確実だろう。

産経新聞が、「灯す」という連載を始めた。コロナが下火になったからそろそろということなのだろう。東京オリンピックが中止となってもショックが大きくならないようにとの動きだとみる。タイトルは「灯す」だが聖火はともっているのかいないのか。国民の目には触れぬように隠されている。

6月9日には産経新聞の主張が取り上げた。題して「完全な形にこだわるな」。産経新聞がこう書く時は既に「完全な形のオリンピック開催」が不可能になっていることを意味しよう。主張は、

「安倍晋三首相は東京五輪を「人類が新型コロナに打ち勝つ証しとして、完全な形で実施する」と訴え、延期の支持を得た」

と書くが、だれの支持を得たのかがあいまいだ。それはIOCの筈だが、いかにも日本国民が支持したように読める書き方である(上手い!が、いやらしい)。それにしても、東京オリンピック開催を開催すると、何故人類が新型コロナに打ち勝ったことになるのか?その短絡的発想はこの政権に特徴的である。

「大会組織委員会や東京都など関係する組織は「完全な形」へのこだわりを捨てて、開催への方策を模索してもらいたい」

ここも国民洗脳型だ。先に引用したように「完全な形で実施する」とこだわったのは大会組織委員会などではなく安倍晋三首相だ。その言葉を聞いて、完全な形でできないときは中止するという逃げを打ったんだな、と感じたものだ。いかにも政権擁護の産経と言った感じである。また、主張の最後の処がいけない。

「簡素や質素は本来、日本の得意技である」

その通りなのだが、その日本の得意技を安倍政権は一番苦手とするのだ。毎年、史上最大の予算を節度なく更新してきた政権に、簡素だの質素だのと言う言葉すら存在しないのではないか。珍論・愚論のパレードである。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM