少しは苦言も呈さなくてはとの気色かな

安倍晋三首相の「ヨイショ村幹部」の櫻井よしこが、安倍首相との対談で、「法務省から言ってきたんですよね」と賭けマージャン常習者の黒川前東京高検検事長の処分に関して誘いをかけ、安倍晋三首相が「法務省と検察が挙げてきた案を了承しただけだ」と答えたと報じられた。明らかな八百長であろう。ジャーナリストとなど名乗るべきではない。まともなジャーナリストが歯ぎしりをしているはずだ。

此のブログでも時折櫻井よしこのゴマすり発言を取り上げているが、たまには安倍晋三首相に批判しなくては…と感じたのか、産経新聞(6月1日)の「美しき勁き国へ」では「中国 微笑外交の陰に牙」でちーとばかり(静岡方言)安倍批判をしている。珍しいことなので読んでみたらいかがか。いや、期待するほどのものではない。

話は中国船が尖閣の日本の領海に侵入し日本漁船が日本の領海外に退避するとの馬鹿げた状態になっているのに対し、安倍政権は抗議しかしないといういわば不作為を続けていることに対する嫌味である。

「希望的観測を抱いたり、虚構に依拠することは国の進路を誤つ。たとえ1平方メートルであっても領土の略奪を座視すれば、国は亡びる。他国の侵略をおのずと招くからだ」

と批判しているが生ぬるい。領土の一かけが大問題であることは分かるが、直面する問題は、「日本領海内に中国公船が侵入し、日本の領海であるのに中国の領海だと公言して、日本領海内で日本漁船が操業しているのが追い出される」というところにある。そして海上保安庁の船が日本漁船に対して日本の領海から退去するように勧めるとの馬鹿げた状況を安倍政権が放置していることなのである。日本の領海を中国の領海であるとして我がもの顔に侵入するものを実力で排除すべきなのである。

しかしね、櫻井よしこさん、北方領土は長きにわたってソ連そしてロシアに奪われたままだ。竹島も韓国に奪われたままだ。憲政史上最長の安倍政権といわれるが、1平方メートルの領土も取り戻してはいない。竹島に関しては安倍政権は抗議集会にもまともに参加しないし、北方領土に関してはその97%を放棄しようとさえしているではないか。「外交の安倍」ではなく「ダメ外交の安倍」と呼ぶべきものなのである。

「憂慮」表明だけではいけないと言ったところで、国民の不満のガス抜きをしているだけのように感じる。口だけの抗議と口だけの批判、似たような行動だこと。愛国心など持っていないのではないか?

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM