誹謗中傷への対応は難しいが

木村花さんという女子プロレスラーの方がとても若くして自殺したと報じられている。SNSでの誹謗中傷が死に追い込むほどひどかったのだという。SNSは匿名だから、責任を問われぬから、と馬鹿な発言をするものが絶えない。それだからこそ、名前が分かるもので安心して、を目的にフェースブックが出来上がったのだと思う。私のブログに誹謗中傷の類が数多く寄せられていた。名を名乗らずに暴言を書いて寄越すのは卑怯者のすることと指摘したら、「現代っ子は、匿名に慣れているのです。悪気はないのです。インターネットで匿名書き込みしたくらいでそんなに叱らないであげてください。」とコメントが返ってきたくらいだ。かなりの馬鹿であることは明らかだ。そして之を書いた奴は「Погоди!冗談ですが!」とのコメントも後日送ってきた。意味は「覚えてろ、今に見てろ!」と言ったいわば脅迫の言葉である。その都度ハンドルネームが変化しているが其のIPアドレスが「27.142.227.123」と同じなことから同一人物であることが分かった。そして此のIPアドレスを公開したら、かなりあった誹謗中傷コメントが他のものからのも含めてピタリと来なくなった。だからブログへの誹謗中傷コメントの場合にはIPアドレスを公表すればよい。必ず誰かが知っているはずだ。園田豪のウィキペディアの記述に関して書き換えを工作していたのはその記録から石油資源開発(株)のサーバーからのものだった。石油資源開発という会社が個人攻撃に少なくとも関与しているのは確かなようである。機会を見て攻撃メールのIPアドレスを纏めて公開しようかと考えている。木村花さんの件を受けてSNSの発信者特定を容易にすることを政府が検討しているようだ。その際にはIPアドレスからそれが誰のものかの探知が出来るようにもしてほしい。それが実現したら、誹謗中傷コメントをよこした人物名を公開しようとも思っている。黒川と同様、ワルが出世するのは何処も同じ。石油資源開発の六輔も与助も実名(推定はできている)が明らかになるのは遠い将来ではないだろう。お楽しみに。

現在でも「園田豪」で検索するとすぐに誹謗中傷を受けた時のブログ記事がヒットする。新型コロナウィルスへの対応で日本人の良識的行動が話題になったが、教育程度が下がったためか、教養レベルの低い連中が増加した感は否めない。「モノ申すには名を名乗る」との当たり前のことが重要なのだが。首相が嘘をつき続けるような国になってしまったのではそれももはや無理なのかもしれない。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM