麻雀接待係に朗報、テンピンなら罪にならない

法を犯したものを捜査し、起訴する検察官、それに対しては、一般人にもまして法を厳格に適用しなければ、国民の順法性が低下する。しかしながら、法務省というこれも法律を取り扱う役所が、黒川東京高検検事長の賭けマージャンという賭博行為をテンーピンというレートだからと懲戒処分をしなかった。本人が「身から出た錆」と言っているというのに、国民の血税を減額もなしに黒川の退職金に使うなど許されることではあるまい。まるで悪事奨励策のようではないか。法務省も検察庁も刑法には掛け金の金額に依らずとある賭博罪にこの金額までなら罪に問わないとの基準を示したことになる。なるほど、賭博施設を海外から誘致しようとする政府の法務省である。

しかし、刑法に規定のある賭博罪の運用を裁判所ならいざ知らず、法務省や検察が決めてよいはずがない。賭博罪に金額の基準を設けるならば、きちんと国会で改正法を成立させるべきではないのか?

5月23日の産経新聞の『週刊誌ウォッチング』では「麻雀やゴルフでかけていない男はまれだろうが」と花田紀凱なるものが書いている。産経新聞がそんなことを紙面に書かせて良いのか?法律違反するのが普通だというのだが、普通ではないと思う。花田レベルの輩がそうだということではないのか?

検察は検事長という肩書にひるむことなく、厳正に黒川に対し賭博罪を適用すべきだ。何年も前から毎月複数回の賭けマージャンというのだから賭博の常習者であろう(法務省ではこれを常習者とはしないそうだ、行政が判断することなのか…)。仲間内に甘いのなら、黒川事件の元になった安倍晋三首相(官邸)と同じではないか。それでは「愁装裂実」になってしまうだろうに。

さて、産経新聞が嘘をついているのでは?と思うことがある。5月22日1面の「記者2人数年前から賭けマージャン」と題する記事には、産経新聞の調査結果なるものが載っている。そこでは「賭けマージャンは1か月に数回のペースで、東京都内の記者の自宅などに集まって行われていました。先月、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出された後も5回程度行われています。2人はいずれも、金銭のやり取りがあったことを認めています。記者2人の説明では、取材対象者の送迎には、記者が用意して同乗するハイヤーを利用し、主にこの車内で取材が行われていました。実際に取材メモなどが確認されました」とある。

そうだろう、産経新聞社から費用(取材経費)が出ないならハイヤーでなど送迎できるわけがない。勿論麻雀の賭け金の費用も産経新聞が負担したのではないか?目的は親睦ではなく取材という仕事なのだから。そうであればだが、取材に対しての謝礼の意味がそこにこもっているのではないか。情報をもらうのに金を支払うようになるなら、「今度はこう書いておいて」などという逆の依頼にも応じなくてはならなくなる。パイプというものは一方通行ではないのだよ。是を癒着(爛れた関係)という。(とにかく産経新聞の説明は説得力に欠ける。取り繕いに苦労した様子が見えるようだ。)

さて5月23日の読売新聞電子版には、「産経記者2人と朝日社員は、いずれも黒川氏の取材を担当したことがあり、旧知の間柄だった。」との法務省の調査結果の一部が紹介されている。

この調査報告の内容からは、産経新聞の当該記者は「かつて」黒川を取材したものとなっているのである。そして参加していた朝日新聞記者は、かつて黒川を担当した記者で、勤務時間外の個人的な行動として賭けマージャンに加わっていた、即ち取材ではなかったと発言している。そして朝日新聞記者と産経新聞記者は旧知の間柄だったと。

これらからは二つの可能性が少なくとも見える。産経新聞記者が取材ではなく黒川と個人的に賭けマージャンを楽しみ、ハイヤー代などを会社に無断で負担させていたケースや、産経新聞記者の誰かが取材のために黒川の賭けマージャン仲間を誘って(利用して)取材の機会を汚いやり方で作ったというケースだろう。

取材に関する機密を守るという、本来崇高な目的のための事を不祥事隠しに用いるのは到底賛同できない。

それにしても取材先に肉薄するためには法を犯してもという態度からは、政権、権力におもねった記事が目立つのもむべなるかな、である。産経新聞には立派な人も多いのに残念なことである。

川柳は、川の流れか、偶成の、戯れ歌など、ついでながらに、

先ず一首:「安倍川の 黒き流れに 耐えかねて 元の泉の純(きよ)さ 恋しき」

もう一首:「余りにも 小渕に欠ける 可愛さよ 賭けマージャンなど 何のものかわ」

あと一首:「黒革の 手帖の顕示 出来かねて 早朝の夢 見れどはかなく」

一句も:「金の粉まみれ 安倍川餅の 甘さかな」

オソマツ!

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM