バランスを欠く櫻井よしこの国家基本問題

奇しくもかつてのトランプ来日時の国技館での”老ミーハー“振りが露呈した櫻井よしこだが、その主張も相変わらず、ミーハー的と言うか、深さが足りない。それは、本気で国家基本問題を論じていないからであろう。

コロナ禍に対し緊急事態宣言をしたがそれが強制力を持たぬから要請が無視される場合があると嘆き、だから憲法に緊急事態条項を加えようとの事のようだ。櫻井よしこの一派とも言うべき竹田恒泰が、日本人は諸外国に比べて民度が違う(高い)から罰則を伴わない要請で緊急事態に対応できると薄っぺらな発言をしていたが、仲間内で話し合いをした方が良いのではないか。

罰則付き強制権を持つ緊急事態法とすると言うことは、行政側の、換言すれば宣言者である安倍晋三首相の権限を飛躍的に高めることである。国民の知性と倫理を頼りとする文治政治を、強制力を持って従わせる武断政治に変更しようとしている意識があるのだろうか。又共和制と独裁制の長短所を思い出すべきではないだろうか。

独裁制の最大の問題点はその独裁者に、独裁を許してはならないような人間がなる場合が少なくないことであろう。

産経新聞(512日)の「風を読む」の冒頭の言葉は、

「金持ちになったからと言って優れた人格になる訳ではない」

である。「金持ち」を「首相」に置き換えても同じではないか?だからこそ民主政治では多少とも程度の悪い政権担当者が表れても国家が暴走したり、私欲だけで運営されぬように三権分立を始めとしたチェック&バランスのシステムを設けているのである。

今、首相の権力を、格段に引き上げるのであれば、それに対応して首相の能力、倫理観、無私の精神などの飛躍的向上を求めなければならぬ。それなりの厳しい資格基準を設けなければならない。ミーハー国会からミーハー首相が選ばれる可能性を排除しなければならない。権限と資格基準はセットとして議論すべきだと思う。

翻って櫻井よしこが常に弁護し、励まし、そしてすり寄ったように見える安倍晋三首相だが、受験を経験することなく成蹊エレベーターで社会人となり、父親の秘書をして、また後を継いで国会議員になった人であろう。一般国民が経験することを経験せずに現在に至った人に本当に国民の生活や苦労が分かるのか。身勝手な利益誘導に供与、自分に都合の良い人事などを始め、「アベノマスク」に見る実態把握能力の不足、あんな動画が国民の共感を呼ぶと思った誤った感性など、その判断には赤信号がともる。

櫻井よしこ自身の『正論』6月号の記事のタイトルは「安倍首相よ、自信を持って歩め」である。櫻井よしこはそれを激励ととらえているのかもしれないが、自信を持って行動している人に「自信を持て!」となど呼びかける筈がないではないか。本当は櫻井よしこから見ても安倍晋三首相が「自信の無い男」に見えているのだろう。

強制力を持つ程の権力を付与する相手には、安全装置として、その権限を付与するに足る人間の資格条件を付すべきなのである。くどいかもしれぬが、「風を読む」の、

「有名人になったからと言って識者になる訳ではない」

からは、

「識者と呼ばれても、呼ばれているだけの場合が多い」

ともいえるのではないか。。

朝日新聞の悪さはその通りだろうが、自らも鏡に映して観察すべきではないだろうか。すべてが或る演出に基づく演技であるというなら別ではあるが。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM