アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(289)

昨日(59日)は父の命日だった。特に何かをするわけでもないが、小さかった頃、父の胡坐の中に座って食事をしたことを思い出す。茹でたほうれん草の葉を広げてご飯を包み、「本当は海苔でくるむんだが…」と言って食べさせてくれた。着物の襟にしみこんだ煙草の匂いを思い出す。

さて山菜の季節である。東北の春は良い。特にこの季節は山のものに恵まれる。我が家でも、家内が実家(原町)で採ってきた筍、野ぜり、コゴミ、フキなどを料理して楽しんでいる。特に野ぜりは栽培物と異なり、香り高く野趣に富むし、筍は堀たてとあって驚くほど軟らかい。

そういった季節を反映して今日の特別ランチは「筍のステーキ」である。コゴミのバター醤油ソースでいただく。更にトップには山椒の若葉がこれまた春の香りを放っている。そしてこのステーキには仙台牛の脂を加えて焼いたとのことで、その味わいが格段に高級になっている。

そして小鉢には身欠きニシンと山ウドの炊き合わせが。父が生きていれば一緒に味わいたかったと不可能と承知ながら思った

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM