プロジェクトの設立を目的とせず、商業価値を有する油ガス田を得るためには(7/8)だれが大鉈を振るうか

新型コロナウィルス感染により経済は恐慌レベルに落ち込むだろうし原油は超低価格となり、国際石油開発帝石も石油資源開発も、他の商社系石油開発会社も、脱酸素社会への潮流もあって、倒産・破産となるかもしれない。しかし、その状況を隠して維持しようと経済産業省は取り組むのではないだろうか。個人的にはイクシスなど世紀の大失敗だと感じているが、世紀の大成功としたい経済産業省の思惑は、森友、加計、桜、黒川などにみられる強引な手法で実現を図るのではないか。

まして「権力悪用 自孤繁栄」の見本のような安倍晋三首相とそれを取り巻く経済産業省の秘書官や補佐官の専横状況を見れば、現政権のもとでは正しい政策への大変革など望むべくもない。

かつての自民党であれば、ワルもワルなりに国の事を考えていたが、今は政治屋となった政治塾出身、元タレント、元スポーツ選手と、志など持たぬ者ばかりだ。原発を廃止する,亡国の移民政策を止めるなど思い切った政策転換の決断ができる政権が出来るまでは無理だろう。

唯一の道は、政府とは全く関係なく、クラウドファンディングで資金を集めてのような民間会社の設立だろうが、之とて旗振り役が必要だ。が、激動の時代が始まろうとしている、大ナタを振るえる時代が来るかもしれない。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM