園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(229)秘書の雇用(2)

秘書と言っても一番の仕事はレセプションと電話を受けるというものである。

JAPEX AC Donna speaking

と、ヘッドセットを付けたドナの声が聞こえたものだ。

来客や、訪問者との応接、会議などのスケジュールもドナがすべて把握することにした。彼女がお茶出しの準備や、サーブする菓子の準備などをするからである。

その他あまたの仕事があったのだが、その中で重要なのはオーストラリアの社会システムや社交儀礼などに関する知識の提供であった。医療のシステム一つとっても未知の世界だった。秘書として雇用していたが、実際には我々に対するコンサルタントの役割までも果たしていたのである。

社内のBBQ会などのイベントには”彼”を連れて参加したし、まさに会社の一員であった。

特筆すべきことがある。彼女のファッションが、ミニスカートと胸元が揺れるフェミニンと言うかややセクシーなものだったことである。それについて尋ねた時の答えは、「男性ばかりの事務所なので、ともすれば固く、ぎすぎすした雰囲気になるでしょうから、少しセクシーに女性の柔らかさで雰囲気を優しくしようと思ったの」と言うものだった。どうだろう、素晴らしい女性じゃないか。

私が家庭の事情で帰国した後も彼女のメールによる相談に乗っていた。後任の所長と上手く行かずに辞めたいと言ったときも要望されたのでRecommendation Letterを書いた。その後米国の友人を訪ねた時に、米国では英語が通じないとメールしてきたり交流が続いた。再会したい女性である。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM