オランダせんべい

「オランダせんべい」なる菓子がある。東北人(奥州人)なら知らない人を探すのに苦労するような、有名なせんべいだ。初めてその名を耳にしたのは秋田の方からだった。なんでも子供の時から良くおやつに食べていたとか。その後東北の色々な人に同じような話を聞いた。

この『オランダせんべい』は山形県酒田市の酒田米菓が作っているものだ。山形にはもう一つ、私の好む豆菓子「でんろく豆」があり、入手は容易である。ところが『オランダせんべい』を見かけることがなく、一度食べてみたいと思っていた。それを最近仙台駅の新幹線南口を入ったところにあるニューデイズで見つけたのである。昔ながらのスタイルではないとのことだが、嬉々として購入した。

『オランダせんべい』という名前で、パッケージにはオランダの風車が描かれているのだが、実はオランダとは全く無縁なのである。庄内美人とか、庄内おばこといった有名な言葉があるが、その山形県庄内地方では「私たち」の事を「おらだ」と言うそうな。その「おらだ」をいわばシャレて『オランダ』にしたというわけだ。昭和37年から庄内のうるち米100%を使用して製造販売を続けてきているという。

早速食べてみた。初めて口にしたつもりだったが、この姿、味には確かにおぼえがある。「オランダせんべい」と意識せずにあちこちで食べていたのであろう。「これ、うめがら食えとて」と言ったサハリンでの戦友秋田の湊徳美さんや、パリ以来の友人の鶴岡の阿部さんの奥様(おばこ、と私は呼びかけている)の「それでの、こっちさ来たらの」というゆったりした、優雅な庄内弁を思い出す。

まんず、うめ煎餅だごと、食べてみてけろ。(これで合ってるべか)

今日はエイプリルフール、まじめな話が嘘と思われるのも…と思ってこんな記事にしてみた。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM