異常な行動には異常な目的があるものだ

こんな異常なことが、と誰しもが思うのだが、何故か、いや当然ながらマスコミは大きく取り上げない。昨年の参議院選挙の時のウグイス嬢への高額日当の支払いに端を発した河合議員夫妻の問題の捜査過程で、自民党本部が何と1億5千万円もの資金を河合夫妻に提供していたことが明るみに出た。この1億5千万円が何故提供され、どのように使われ、或いは使われずにどうなったかについて全く報道されないのである。

それに時期を合わせるかのように安倍政権による検察への人事介入が指揮権発動のごとく行われた。安倍晋三首相の国会での説明に合わせるような答弁を繰り返す森雅子法相のしどろもどろの態度が深い闇の存在を示唆している。

自民党議員たちでさえ、選挙資金の提供としては1千5百万円が普通だと言っているのだから、河合夫妻の場合は通常の10倍の金が提供されたのだ。そんなことができるのは安倍晋三首相その人か二階幹事長以外にないとのことでもある。

かつて会社で資材部長をしていたころ、随分いろいろなことを学んだ。例えば、“誰か”が法外なリベート(キックバック)を業者に求めた場合に、業者は営業経費の枠を超えるからと発注額の水増しを要求してくることがあるといったことだ。通常の10倍もの金をつぎ込むにはキックバックどころではない使途があったと考えざるを得ない。大きな(疑獄)事件の存在を示しているのかもしれない。徹底的な調査が必要ではないか。本当に検察人事への政権の介入がこれに関連しているのなら、とんでもない“巨悪”が隠れている可能性が高い。そして、マスコミが大きく取り上げないことが却って隠そうとする力の存在と強さを表しているようだ。「あんり、まあ」なんて程度ではないはずだ。

このようなことをそれまで技術屋馬鹿だったが私が考えられるようになったのはいろいろこういった世界の事を教えてくれた当時のH次長のおかげである。

真相解明は文春と共産党に期待するほかないか。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM