武漢の邦人救出にみる拙さ

武漢で発生した新型肺炎の爆発的流行は世界にすでに拡散している。中国政府は人口1,100万人という巨大都市、武漢を封鎖した。住民が武漢を出るのも、新たに入るのも禁止したのである。そこまでの思い切った方策をとるのは今回の新型肺炎の蔓延が並々ならぬものだからに他ならない。そして封鎖の目的が新型肺炎ウィルスの封じ込めにあることは明白である。

そこに邦人救援の名のもとにチャーター救援機を日本政府は飛ばし、封鎖されている新型肺炎ウィルス汚染都市武漢から日本人を日本国内に運んだ。いうなれば、武漢の新型肺炎ウィルスを流行の中心から直輸入するようなことをしたわけである。オーストラリアはクリスマス島という孤島の収容施設に要観察期間中は武漢からの救出者を隔離して、国内へのウィルスの侵入を防ぐ対策を実行している。

日本政府は邦人を政府のチャーター便で運んでおきながら、その費用を8万円請求するとしておきながら急に税金で負担すると言い出した。なんと愚かなことか。それでは国民に不公平感を与えるだけではないか。私がジャカルタ騒乱の時の日本政府による退去勧告に従って日本に一時帰国した時には、多くの家族帯同駐在員がいたが、すべて会社費用で帰国した。武漢に駐在しているものならそれぞれの企業が費用面の対応をするはずであろう。

費用負担の方針すら徹底できないままに搭乗させた政府に危機対応能力の不足が見える。

それどころではない問題がある。その武漢という汚染都市から新型肺炎ウィルスに感染している可能性のある邦人を帰国させておきながら、検査を拒否されたからと無検査で2人を帰宅させてしまったというのだから呆れる。ある意味でそれは政府がわざわざ新型肺炎ウィルスを武漢から直輸入したと同じ意味を持つのである。中国人に対するビザ発給の臨時停止、最近武漢に滞在したものの入国禁止、同中国人訪問者の中国への退去・送還などをすべきではないのか。

今こそ何か言え、国家基本問題研究所。

繰り返しておく。武漢からの外国人の入国拒否をする日本が、日本人だからと言って武漢から邦人を入国させ、無検査で解放するなど、決してしてはいけないことだ。検査を拒否したら武漢に戻すべきである。頼りない政府に日本の危機を感じる。これは大失政ではないのか?

(「園翁自伝」は2月9日に掲載します)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM