問われているのは空港管理ではなく国境管理なのだが

森雅子法相という方がいる。なんでも弁護士となり、法律事務所も設立して活動していたのに、金融の知識が必要と感じて金融庁に入ったという人だとか。民間企業で生きてきた者から見れば「ああ、あのタイプの人間か」と感じる。

法相になったという折も折、保釈中のゴーンに国外逃亡をされた。頭に血が上ってしまったのだろうか、ゴーン被告に関して「法廷で無罪を証明せよ」なんて司法試験即落第のようなことを記者会見で口走ってしまった。沈着さに欠ける。

「刑事被告人の釈明に検察や法務大臣が反論するのは同じ土俵に乗るとということだ。…「情報戦」という観点から失敗だ」と佐藤優に指摘されている。メディアコーディネーターというプロの存在意義をよく理解していないのだろう。

森雅子法相は1月19日関西空港を視察、ゴーン逃亡に使ったと推定される施設で説明を受けたうえで、「同様な不法な出国はできない」と述べたという(産経新聞1月20日)。

ゴーンの逃亡ルートらしき現場に行って、管理強化をしてもう大丈夫、ここからは逃亡できないと胸を張っても、何やら「モグラたたき」のようではないか。次に国外逃亡するものが関空からプライベートジェットで出国すると思うのか?!

森雅子法相が取り組んだのは空港管理(空港での出国管理)であろう。海外逃亡を防ぐとの観点であれば国境管理が大切なのではないか。船で出国するのなら簡単なのではないか。外国貨物船に紛れ込むなんてこともできるだろうし、何といっても日本には、北朝鮮の工作員が日常的に入出国しているという「実績」がある。逃げるだけではない、日本人を拉致して不法出国を繰り返してきたではないか。大量の脱北者、大量の米国への不法移民を言う名の密入国者、世界の国境管理の現実も見よ。たかが関西空港一か所を視察して、胸を張って言うようなことではあるまい。

序に言えば、日本には大量の密輸品が溢れている。金、麻薬、輸入禁止の動物…、これらは税関をすり抜けただけではない。税関など通らずにいわば”密入国”した禁制品が多いのだ。門を通らずとも敷地内に出入りできるのは古今の常識である。門だけ守って守れる城などないのでは?

日本が劣化しているのを感じる。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM