結果を知ってから予測記事を書く(掲載する)のは感心しない

産経新聞に佐藤優の「世界裏舞台」というコラムがあることをご存じだろう。毎回のように、内容の希薄さを指摘してきた対象コラムである。佐藤優の実力が反映されているのだろうからと最近はあまりコメントをしなくしているが、読んでいないのではない。そして今回(112日)の「米イラン『合理的ゲーム』」についてはやはりコメントすべきと感じた。内容は米国が「差し迫った脅威」があるというだけで議会にも疑われるような状況の中でイランの軍用人を何とイラクで殺害した(これを普通はテロと呼ぶのだろう)のに対しての佐藤優のコラム記事といったらよいのだろう。(有料記事というので記事の引用が面倒なので、各人で記事を探して読んで欲しい)

「軍事やインテリジェンスの世界に『中立化』という言葉がある。敵対する人物や組織の活動をやめさせることだ。人に対して用いるときは殺害を意味する」

と冒頭にあるのだが、いうなれば隠語の説明だろ。「やくざの世界では拳銃をハジキという」といった説明と同じで記事の内容とは全く関係のないことである。無用の知識の”ひけらかし”か、或いはこういった文章の枕の置き方が良いものだとの誤った思い込みではないかと想像する。

さてこのコラムだが、なんとも産経新聞記事の引用が多いのである。気になるのでその量を行数を数えて確かめてみた。その結果直接引用だけでほとんど50%あった。直接ではないが、すでに新聞等の解説に存在する内容がかなりある。換言すれば佐藤優の意見がほとんどないのである。三流大学の学生のレポートみたいな印象を受けた。

米国がイラクの飛行場にいたイランのソレイマニ司令官をイラクへの侵入許可もなくドローン攻撃して暗殺したのが13日の事である。それに対してイランがイラクにある米軍施設にロケット攻撃を行ったのが18日だ。このイラン側の報復攻撃についてトランプ大統領は次のように述べたと報じられている。

「ドナルド・トランプ米大統領は8日午前11時半(日本時間9日午前1時半)、緊張が高まるイランとの関係についてホワイトハウスで記者団を前に声明を読み上げ、「イランは戦闘態勢から引く様子だ」と述べた。イランが同日未明にイラク国内2カ所の米軍基地をミサイル攻撃したことについては、アメリカ人やイラク人の人的被害はなく、わずかな損傷にとどまったと述べた。」

これからわかるように、イランは形だけの報復をし、米国に人的損害を与えないように配慮していたことが報じられていた。

ところが佐藤優のコラムにはこうある。

「(イランは)米軍との全面的武力衝突に至らない線を慎重に見極めつつ、イランの国内で自らの権力基盤を維持するために必要最低限の報復を行うであろう」

現実にすでに行われたことが佐藤優の予測の形で記されているのだ。記事の投稿から掲載までのタイムラグがあるので、予測したことと同じか異なるかは別として結果が分かってしまっているという関係が生じることがあるのは理解できるが、それならば、自分の原稿を修正すべきではないか。その時間はなかったわけではあるまい。それにこのコラムは産経新聞の一面に掲載されるのだ、内容は慎重に吟味すべきである。

地震が起きてから予測記事を発表するような恥ずかしいことはプロがするものではないだろう。私のブログのような個人的なものではないのだから。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM