産経新聞の言うことも奇妙だと感じるが…

産経新聞という新聞は、とにかく政府寄りで、また特定の記者はまるで政府の飼い犬の如き記事を書いて恥じないのだが、それでも他紙と比較すれば読むに値する記事が多い。私が産経新聞を愛読しているのもそこに理由がある。

さて111日の産経抄(https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200111/0001.html)を読んでみてほしい。例によって野党を攻撃する内容なのだが、何かその態度に歴史的一貫性が見られないような気がするのだ。

冒頭を見てみよう。

「論理が見事に逆立ちしている。立憲民主、国民民主、共産など主要野党は、情報収集強化を目的とする海上自衛隊の護衛艦と哨戒機の中東派遣に反対しているが、その理由を聞いてあぜんとした。米国とイランの軍事的な衝突で、現地の緊張が高まっているからダメだというのである」

とある。危険なところに民間が出かけていくのは構わないが、自衛隊は危険地域・海域には派遣できない、というのは従来の政府の方針ではなかったか。だからこそイラクに軍の派遣を求められた日本政府は、戦闘行為の可能性のない地域に限定してPKOとして、道路の建設などをさせるとして陸上自衛隊を派遣したではないか。当時のブログに、危険だから自衛隊を派遣できないとするところに民間が行くのは良いという政府はおかしいと書いたことがある。

そしてそのPKO部隊のところで戦闘があったことを隠すために政府は自衛隊の日報を無いことにして誤魔化そうとしたではないか。

この産経抄の最後の部分、

「もっとも立憲民主党では、最高顧問を務める菅直人元首相がかねて「昔はおじいさんは山に柴(しば)刈りに行き、おばあさんは川に洗濯に行く、全て再生可能な自然エネルギーだった」と主張している。それが彼らの理想なのであれば何をか言わんや」

からは、野党の態度を批判しているのでも批評しているのでもなく、バカにしているのが良くわかる。このいわば悪意に基づいたような一方的批判記事の浅薄な内容を見ると、何やら最近300回のコラム執筆という記録を作った某論説委員のものとの類似性が感じられる。勿論ほかにも似たような思考回路の記者はいるかもしれないが。公正さのない単なる批判記事であれば、署名記事とすべきであろう(藪の中から石を投げるような態度はよろしくない)。「尋常な勝負」という言葉をご存じだろうか。知るめぇなあ。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM