櫻井よしこの原子力規制委員会批判が常軌を逸している、裏に何かあるのか

櫻井よしこの産経新聞でのコラム「美しき勁き国へ」が昨年の9月以降だったろうかすべてが原子力規制委員会への批判文だったことは既にまとめて書いたとおりである。月一回のコラムが何か月も同様の批判を繰り返す異常さは“裏”の存在を想像させるに十分すぎるほどだった。しかし新年早々、16日の同コラムも「八方塞がりのエネ政策」との題になってはいるが内容は原子力規制員会批判、いや規制委委員長の更田氏に対するもはやヘイトスピーチである。

「更田氏は安全保障の専門家の所見を聞いたのか。聞かずして断定するのは不勉強の極みだ」

との表現には、原子力規制委員会への批判ではなく更田氏個人への批判であることが表れている。

「更田氏は全能の神か。独善的規制を押し付ける正当性は何処にある」

を見れば批評でも批判でもなく、ただ「けなしている」ようであり、無教養レベルの個人攻撃の言葉に聞こえる。名前を入れ替えてこの表現が成り立つであろう人は思い浮かぶが。

これに続く文章を読めば何となく櫻井よしこの発言の背景が浮かんでくる。それは、

「規制委が安全審査を長びかせる間、電力会社は巨大施設を休止させ、維持費を払い、代替電源としての火力発電を稼働させ、天然ガスや石炭輸入に資金を投じてきている」

であり、櫻井よしこが守りたいのが電力会社なのだなと推定させる。原発マネー、原発利権、そしてそれにかかわる政治家どもが絡んでいるのだろう。

櫻井よしこの論説に決定的に欠けるのが知識だと感じられる。何かといえば原子力規制委員会が課す「世界一厳しい安全基準」を過大な規制と大声で喚くのだが、世界の原発立地箇所で、活火山が近傍にあり、巨大地震が起こる地震帯というところなどない。日本は原発にとって「世界一危険な立地」、言い換えれば世界標準では「原発を作ってはならない地域」に原発を展開しているのである。本来原発を作ってはならないところに原発を作るのであれば、それに応じたそれこそ厳しい規制をする、それが国家、国民のために必要なことだろう。本来は日本には原発など置くべきではないのである。付け加えれば、原発事故を実際に起こした大津波の来る可能性の高い海岸に日本の原発はつくられているのである(通常世界の原発は内陸の河川沿いにあるから津波とは無縁だ)。

「航空機衝突による事故の確率は年間1原子炉あたり千万分の1で隕石の落下確率と同等だ」

確率が低くてもその損害が大きければ、期待値(エクスペクテーション)は大きくなる。原子炉がノーコントロールになって広域に人間が住めなくなる(その前に大量の国民が死亡する)ようなことがあるかもしれないときに、それを確率が低いからと許容するかどうかは、国民が納得しなければ決められないことではないか。

「航空機テロの可能性は千万分の1という低さだが」

隕石の落下は自然現象であるから統計的に落下確率は計算できようが、航空機テロとなれば別の話だろう。紛争が起きればテロが増えるのは当然だろう。櫻井よしここそ専門家の意見を聞いた方が良い。

周りに出来の良い補助者がいないのではないだろうか。ある意味で気の毒な方に感じる。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM