アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(272)

2019年の暮れも明けた2020年の正月も例年に比べ穏やかな天候に恵まれた仙台だった。暮れには初めて塩釜の魚市場に出かけたのだが、大きな市場に多くの店が並び、新鮮な魚が並んでいた。暮れとあって年取り魚である「ナメタ鰈」が目立った。暮れと正月は末廣寿司も多忙さと休暇が続き、特別ランチの提供は無理なので112日が本年最初の特別ランチの日となった。

本日の特別ランチは「炙りアナゴ丼」である。容器からはみ出し、両の外側に先端がたれたアナゴが旨い。煮アナゴなので箸で簡単に切れるほど柔らかい。角皿に載るのはあん肝のムースとカズノコの寄せものである。あん肝独特の味、香り、そして滑らかさがムースに溶けこんでいるような感じだ。そしてカズノコの寄せは初めて口にするものだった。味があるような、まいような微妙な中にうっすらとカズノコの味が潜んでいる。そして、口に噛めばカズノコのあの「ぷり・ぷち」とした心地よい歯ざわりが爽快である。デザートは杏仁豆乳ムースだった。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM