園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(222)運転免許を取得

日本で国際運転免許証というものを取得してきた。有効期間は入国後3か月間である。駐在期間を考慮すればオーストラリアの運転免許証の取得が必須である。

「現地の運転免許を取るための講習をするコンサルのようなものがあるんですが、それが効果的ならば、これから増える駐在員の免許取得に利用してみたいのです。所長が第一号で試してもらえませんか」

と木暮君から勧められてその講習を受けた。講師は日本人で、もちろん日本語で教えてくれる。国際免許を持っている場合には実技試験はない。筆記試験だけだ。使うテキストはオーストラリアで発行されている(教本)「Drive Safe」というものだ。一緒に受講したのは数人だった。

講師は筆記試験の内容を知っているらしく、○○ページのこの部分を覚えてください、と重要な点を指摘していく。日本の交通規制と異なるものが二つある。「Give Way」と「Round About」だ。それ以外は車線変更は変更する方が優先だとか、信号のある踏切ではいったん停車してはいけないなどの注意点がある。その他は車線変更する車の方に優先権があるといった違いだけで、ほとんどは日本の交通規則と共通である。あとは英語の問題が理解できるかどうかだろう。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM