英語が話せるだけのグローバル化など国民すべてに必要なわけがないだろうに

「一億総活躍」などというくだらない言葉を発する政権が、「一億総英会話」なんてことを思いついたのだろう。このような「知恵足らず」な政策を考えた者(官邸のブレーン?)は英語もグローバル化も分かっていないものとみえる。

産経新聞(20191226日)の「論壇時評」の論説委員岡部伸による「「大学入試改革」迷走を憂える」はそのような、「英語が聞けて話せればグローバル」みたいなフェイク・グローバルを一刀両断に斬っている。一読以上の価値があるのでURLを示しておこう。

https://www.sankei.com/column/news/191226/clm1912260006-n1.html

ちょっと長いが一部引用しよう。

「文科省は、英語の「聞く・話す」はグローバル社会を生きていくために重要と強調するが、作家・数学者の藤原正彦は、『文芸春秋』で、「世界で一番英語がうまいのはイギリス人だ。なのにイギリスはほぼ二十世紀を通して経済的に斜陽だった。英語が世界一下手な日本人は、その間に最も大きい経済成長を遂げた」と反論する。「英語無能国民」が国内総生産(GDP)世界第3位で、自然科学で24人もノーベル賞を獲得した。藤原は「日本のノーベル賞科学者のほぼすべてが、小学校から大学院まで日本の学校に通い、科学の初歩から最先端までを、日本語で学び研究し、ノーベル賞に至った」と論じ、「経済界や政府は一体いつまで『グローバル人材育成』という愚論にしがみついているのだろうか」と批判する。」

世界中で一番正当な英語を、話し、聞き、読み、書く英国人が構成するイギリスが経済的に低迷を長く継続していることを指摘し、安倍政権がこのままではいけないから小学生から英語教育をしなければならんという英語後進国(英語無能国民で構成されている)日本が、ノーベル賞を多数受賞できたのはなぜかと考えれば、産業の発展は英語能力によるのではなく、日本語能力にこそ依存することが理解できるはずなのである。

「藤原は、『文芸春秋』で、小学校から英語教育を始める「グローバル人材育成」を愚民化政策と切り捨てる理由として、「小中高大とダラダラ続く日本の英語教育ではまったく効果が上がらない(中略)。国民のエネルギーの壮大な無駄」と指摘。「子供達が日本の文化、伝統、情緒、道徳のよさに触れる機会を減少させ、日本人としてのアイデンティティー形成の妨げとなる」と述べる。さらに「小中高で英語などにかまけていると、古今東西の名著を読む時間がとれず、教養が身につかない」と論ずる。その上で、「英語など、世界に出ればカタコトでいいのだ。教養があるかないかなのだ。話し方より話す内容なのである(中略)。若いうちに充分に鍛えるべきは、英語ではない。読書を通じ、知的充実に励むことなのである」と述べ、英語より教養を身につけよと訴える。

まことに尤もな意見であり、私が常々このブログに書いてきたことと同じである。

明治大学の斎藤某の意見も引かれているのだが、その学問に対する態度が私の好みではないのですっ飛ばそう。そして、後段を読んでみよう。

「今回の問題点(入試改革の件、筆者注記)について、藤原は、『文芸春秋』で、「この改革が経済界のイニシアティブで進められてきた」と述べ、」

教育ビジネスとの関連がうかがわれよう。

「藤原は、「『人間を育てる』が教育の目的なのに、恐るべきことだが、『産業競争力の強化』が最大の目標だったのだから」と改革が産業界主導で始まったと批判する。目標が『産業競争力の強化』では困る。教育現場が主役となる入試改革であってほしい。」

とあるが、実は産業競争力の強化など後から付けた理由だろう。今や「儲かりゃええねん」精神に染まった経済産業省が牛耳る安倍政権によって、利権に偏った教育に歪んでいくのを阻止すべきではないだろうか。

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM