原子力規制委員会がそんなにワルか?

櫻井よしこの「美しき勁き国へ」(産経新聞)は毎月1回寄稿・掲載される。安倍晋三首相の取り巻きの一人として国家基本問題研究所と自称する組織の代表者として様々な政権応援文を書くのだが最近は少し様子がおかしい。勿論内容が論理的でなかったりするのはすでに何度も取り上げており、原稿執筆者に問題があるのかも、と指摘したこともある。

さてこの3か月のコラムの題を並べてみよう。

107日:『原発、規制委は猛省せよ』

114日:『原子力規制委の法律違反』

122日:『なぜ規制委を訴えないか』

122日の題を「なぜ規制委を訴えないのか」としなかった日本語つまり国語能力の不足は下書屋の程度の問題とするにしても、3か月間続けて原子力規制委員会批判ばかりというのは異常である。団扇を配っても線香を配っても公職選挙法違反で議員資格を失う。まして「サクラを見る会」の主催者だからと、自分の後援会の連中を800人以上も大衆受けする芸能人と会えるように同会に招待するなんざ、明らかな公選法違反。小渕優子ばりにデータを消去して逃げようとはまるでチンピラ型の行動ではないか。そういうのが国会議員となり政権担当者となることの方が国家基本問題だろうに。

日銀には黒田を送り込んで国債を日銀が買うインチキシステムを作り、官僚の人事権を掌握して官僚がデータ改ざんどころか決裁文書改竄までせざるを得なくし、東京地検の秋霜烈日を春桜温暖に替え、すべてを意のままにする体制にしたのに、たった一つ三条委員会である原子力規制委員会だけは意のままにならない。「規制委の審査は明確な法律違反だと思われるが、それでも電力会社は規制委に逆らえない」と櫻井よしこはこのコラムで電力会社のことを慮っている。しかし国家基本問題を議論するものとしては電力会社の代弁のために3か月、延べ3回もほとんど同じ内容で原子力規制委批判などすまい。やはり規制委を支配したいとの願望への援護射撃ではないのだろうか。そんな気持ちにさせるほどのしつこさである。

3つの記事をご覧になることを勧めるが、すべて有料記事であるので難しいかもしれない。「櫻井を見る会」には少し飽きたのでこの辺で。

「この世をば 我が世とぞ思う 望月の 欠けたるところは 僅かに規制委」

世界は二酸化炭素そして炭素問題に大騒ぎだが、次には放射能問題という直接人類(地球生物)を脅かす問題が深刻になるだろう。だが、原発利権が、放射能防御・除去利権に勝っているうちは声は大きくならないだろう。放射能は国家基本問題どころではない「世界(地球)基本問題」だと思うのだが…。金ではなく理念で行動する世界になる日は遠いようだ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM