二酸化炭素悪玉説を広め、洗脳した裏側を知れば…

地球温暖化の要因は200以上もあると言う。世の中ではCO2悪玉説が横行し、学校にも行かずに世界をめぐり、過激な発言を繰り返すグレタなる少女も現れた。坂本龍馬に活動資金が闇の世界から提供されていたように、レーニンのロシア革命に明石元二郎を通じて日本軍の機密資金が提供されていたように、英雄談の裏には資金提供者と、表向きには言えない提供理由があるものである。グレタなる少女も学生が大金を保有しているわけでもないのだから誰かが資金を提供していると考えてよいのではないか。

さてその地球温暖化だが、トランプ大統領は「地球温暖化(CO2悪玉説)は、米国製造業から競争力を奪うために中国が創造した概念(嘘)である」とツイートしたことがある(2012年11月6日)というのだが、彼は資金源というより、地球温暖化二酸化炭素悪玉説創造の経緯に気づいていたのではないかと、渡辺惣樹は書いている。それが今日取り上げる産経新聞(11月15日)の「正論」欄、「温暖化プロパガンダに警戒を」だ。

この論説記事はモーリス・ストロングが如何にして地球温暖化二酸化炭素悪玉説を流布させ、世界の常識にまで仕上げたかの経緯というか裏側を明快に解説したものである。

温暖化の原因が人類が使うエネルギー生成のために発生させる熱ではなく、二酸化炭素と聞いて疑問に感じる多くの科学者、技術屋という理科系人間がいたはずである。この記事を読めばやはりそんなからくりがあったのかと納得できるのではないか。

記事に基づき、簡単にストロングの足跡をたどろう。

  • ストロングの生い立ちは貧乏な家庭であり、「資本主義嫌い」を心に刻んで成長した
  • カナダ石油開発業界の重鎮となった。そして富をベースにカナダ政界に近づく
  • 1969年、地球環境保全に熱心なスウェーデンがアドバイスを求めた
  • ストックホルム会議の議長に就任。先進国による工業化支援の約束で後進国を納得させ、ソ連の科学者を使ってモスクワを篭絡、MITの研究を使って先進国をも説得した。
  • 1972年、地球環境をモニターする国連組織をナイロビに設立
  • 1992年、リオデジャネイロで地球サミットを開催。生物多様性尊重、気候変動、砂漠化防止をテーマとして隠した意図を怪しむ先進国を沈黙させた
  • シカゴの(二酸化炭素)排出権取引所を利用。取引所株主の利益のために地球温暖化二酸化炭素悪玉説を広める
  • 京都議定書発効(2005年)に合わせて、同取引所の株主のゴアは映画「不都合な真実」を制作する(世界世論操作)。京都議定書では発展途上国には二酸化炭素排出削減義務を免除
  • 2006年、国連石油食糧交換プログラムの資金100万ドルを横領して有罪判決を受けるも、中国に逃亡。京都議定書で中国には2030年まで削減義務を負わせないように配慮してあった
  • カナダに戻り、2015年オタワで死亡した

尚、その2015年に締結されたパリ協定でも中国は2031年まで二酸化炭素排出量削減の義務を負っていない。

地球環境保護を掲げたが、実はその目的が他のことにあったというのである。よく書いてくれたと感じた。感謝!

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM