東京オリンピックなどボイコットすればよいのでは?

東京オリンピックのマラソンと競歩競技が、東京の夏は暑すぎて選手の健康に問題があるからと、IOCが開催都市の東京都にだけは何の連絡もしないままに札幌での開催を決めたことは既に皆が承知していることだ。開催場所を変更を決定するにあたっては前提として変更先の諒解が必要なのは言うまでもないから、東京都に知らせずに札幌だけに話し、了承を取り付けた国内組織があるはずだ。おそらくは東京五輪組織委員会(森会長)だったのだろうと推定する。五輪担当大臣も承知の上だったのだろう。何とも美しくないことが、「スポーツの祭典」などという美名の裏側でなされていることか。

そして今度はまたもや奇妙な発言が出た。東京オリンピックにも関係する萩生田文科大臣が、

IOCのアスリートファーストの観点で言えば、甲子園での夏の大会は無理だと思う」

と述べたのである。

オリンピックにも未成年の選手もいるのではないか。東京オリンピックは夏の東京で開催するのに、しかもテレビ放映権という営業上の観点で(健康上の観点は考えないことにした?)、夏に開催せよと言ったのはIOCなんだろう?

高校野球ができないくらいの暑さだというのならオリンピックもできないのではないか。アスリートファーストなどお題目と分かるだろう。

マラソンと競歩ができないとそのIOCが 言ったのである。東京オリンピックという運動会興行など中止すればよいのではないか。

「東京の気温はアンダーコントロール」とまでは言えないだろうから。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM