グレタに読ませてあげたら

地球温暖化の原因が科学的に証明されている、と思い込んでいる少女グレタに産経新聞(109日)の「ソロモンの頭巾」で紹介している『「地球温暖化」の不都合な真実』(マーク・モラノ著)を読ませてあげたらどうだろうか。学校をさぼっている学力なのだから理解できるかどうかは疑問だが。

その「ソロモンの頭巾」に長辻象平が書いている内容を紹介しよう。

「多くの人が大気中に増えた二酸化炭素(CO2)のせいだと信じている。確信の根拠は、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、そう説明しているからだろう」

「2001年の第3次報告書には米ペンシルベニア州立大学のマイケル・マン教授が作成した過去千年間の北半球の気温変化を示すグラフが掲載された」

「このマン教授のグラフの信頼性が今年8月に大きく揺らいだのだ」

「(経緯は9月17日付本紙「正論」の渡辺惣樹氏の寄稿に詳しい)」

『「地球温暖化」の不都合な真実』(マーク・モラノ著)には、

「「気温を決めるのはおもに水蒸気と雲だから、CO2が2〜3倍になろうと状況はほぼ同じ」「気候変動の要因つまり変数は数百もある。政治的に選んだ1個(CO2)に固執する『対策』など、見当ちがいもはなはだしい」といったニュージーランドや英国の研究者の見解が紹介されている」

基礎学力、基礎知識がまだまだ不足の少女グレタに読ませた方が良い。テレビのワイドショーやニュース番組に出てくるやはり基礎知識、基礎学力不足のものと同じようなことはさせないほうが良いだろう。人を育てるのなら甘やかしはしないことだ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM