新保裕司、神武ミーハーと呼ぶべきか、皇道教信者というべきか…

産経新聞(101日)は新保裕司の「神武天皇論復刊に思う真の日本」を同紙の「正論」欄に載せている。新保裕司といえば毎回の文章で分かるように頭の中がぶっ飛んでしまっているような人だ。復古教或いは皇道教といった“宗教”に取り込められてしまっているように思える人だ。外観的には”神武ミーハー“とでも言えば想像できるだろうか。

今回も内容はエキセントリックである。

「橘孝三郎著『神武天皇論(抄)』の出版を祝う会が開かれた」

のだそうだ。それを新保裕司は、

「抄という形であれ54年ぶりに復刊されたことは、戦後日本の精神史上の事件である」

と異常に興奮する。「海道東征」なる戦時の人心高揚のための交声曲のコンサートがあれば、「日本が蘇る」といったような騒ぎ方をする人なのだが、その理由に言及しないのも特徴である。信者なれば、理由など必要としないのかもしれない。

又今年の4月に、保阪正康氏の『五・一五事件 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡』が文庫になって出たのだとか。

「橘孝三郎の『神武天皇論』と保阪氏の橘孝三郎についての著作が、令和元年の今年に共に半世紀ほどの時間を経過して復刊されたことには、歴史の底流の変化を象徴しているようにも思われる」

ともあるのだが、2冊の復刊があったから「歴史の底流の変化を象徴している」とはいくら何でも飛躍のしすぎだろう。文芸の批評家などというものは、もとよりsubjectiveなことを、個人の”感想”レベルで語るものなのだろうが、それにしても度が過ぎるように感じる。

文章には保坂正康の「あとがき」や桶谷秀昭氏の『昭和精神史』の中の記述を引用しているが、新保裕司は主題であったはずの『神武天皇論(抄)』の内容については全く触れない。同書が復刊されて¥たことは事件だというくらいなのだが、同書を読んでいないのではないかという印象すら与える。その疑念は、

「私は、橘孝三郎をして農本主義者に向かわしめた切っ掛け(きっかけ)の一つがミレーの名画「晩鐘」に感銘を受けたことであることを知って保阪氏や桶谷氏の評価に共鳴するのである」

の部分を読めば、随分共鳴する理由が浅く、非本質であると分かるのである。さらに結語部分はもっと不可解だ。

「令和の御代は、日本人が決して「腰を抜か」してはいないことを示す時代にしなければならない。先(ま)ずは、憲法改正である。これすらできなければ、「自滅する。これが最も厳粛なる歴史的淘汰の大理法である」という橘孝三郎の言葉が、現実となるであろう」

何故憲法改正なのか。「これすらできなければ…」というが戦後の長〜い自民党政権下で現実の結果として、憲法改正はできなかったではないか。毎回毎回、「今回できなければ」と言っていては、本気ではないことがみんなに知られてしまうであろうに。

読んで不愉快になるのを通り越して哀れを感じる。

読む必要など感じないが読んでみたい人は以下で。

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20191001/0001.html

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM