園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(207)ジャカルタ柔道部

ジャカルタには日本人会がある。その中に柔道部があると聞いた。問い合わせてみると、顔合わせの会合を開くので参加されたし、との連絡があった。代表をしているのは東レの黒田憲一氏だった。

黒団さんは若い時にジャカルタに来て勤務の傍らインドネシアの警察と軍隊に柔道を教えたそうだ。長年それを続けたことで今や、大臣から、インドネシア軍の将官まで柔道の弟子になった。だから顔が利くとはこういうことかというほど顔が利くらしい。

東京銀行の新しい支店長も柔道部に入会した。柔道部といっても、定期的に稽古をするわけではなく、もっぱら懇親会と柔道普及のためのお手伝いのようなことをしているようだった。

私は運動不足解消のために実際に稽古をしたくて、近くの柔道場を紹介してもらい時折稽古に出かけた。アパートで先に柔道着に着替え、車で道場に通うのである。しかし、青年たちの激しい動きには心臓が付いていかず、ほとんどの時間を自主トレに費やした。そして何時しか、柔道はやめて、アパート内にあるプールで毎晩泳ぐようになった。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM