アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(257)

本日はもう91日、朝晩には涼しい風がマンション内を吹き抜ける季節になってきた。今年も残り僅かに4か月である。地球は温暖化の影響で異常気象が通常気象になりつつある。アユ釣りの終了、サケの遡上、白鳥の飛来というこれからの4か月の出来事も何時まで続くことかと感じざるを得ない。

さて、本日の特別ランチは「ヒラメの海老すり身挟みフライ」である。淡白なヒラメと、粘り気のある海老のすり身の味と触感のミックスが良い。さらにサクッとしたフライの揚げ加減が高級な歯触り感をもたらしている。ソースは、粒マスタードと仙台味噌のバターソースと紫蘇オイルである。粒マスタードがアクセントになっている。

付け合わせの野菜は、プラチナホワイト(トウモロコシ)、サツマイモ、エリンギ、カボチャである。プラチナホワイトはその名の通り白いトウモロコシだ。表面をあぶって焦げ目をつけているので、トウモロコシの甘さだけでなく香ばしさと、サクサクした触感が楽しめた。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM