珍しく「正論」欄に正論を見た

およそ正論でないものだからこそ「正論」と名付けた欄に掲載しているのではないかと思わせるほど”愚論””不論”“非論””曲論“の多い産経新聞だが、遠慮がちな表現ではあるが正論と判断できる記事が掲載された。87日の「いまこそ憲法92項の削除を」と題する埼玉大学名誉教授、長谷川三千子のものである。

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190807/0001.html

冒頭は、

「今回の参議院選挙の結果、参院全体でのいわゆる「改憲勢力」が3分の2を下回ることになり、安倍晋三首相も「自民党案にとらわれず」議論を進めてゆくことを提案なさった。これは大変よいことだったと思います。実は憲法9条改正についての自民党案は万全とはいえないものだったからです」

要は自民党案(実は安倍晋三案)は間違いだと指摘しているのである。安倍晋三首相の個人的意見だった、憲法第9条に自衛隊の保有について書き加えるという案を真っ向否定している。現行憲法第9条第2項、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」は日本の主権を認めないと同義の条文であり、これがある限り日本は自ら主権国家であることを否定していることになると主張している。

「お父さん、自衛隊は憲法違反なの?」と子供に聞かれたからなどという、くだらない理由での憲法改正ならばする必要などない。安倍晋三首相は権力を背景に改憲を迫るのではなく、少なくとも国会議員をしてなるほどと言わしめるような説明をしてみたらよい。それができなければ憲法改正の任になどあらずと知るべきである。

長谷川三千子の結論は、

「9条2項削除こそ超党派で取り組むべき課題だといえましょう」

である。

野党が憲法改正論議に参加しないというが、一番自説の説明をしていないのは安倍晋三首相自身ではないのか。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM