立憲民主や維新の公約もひどい

選挙公約のひどさは自民党だけではなく、立憲民主党も日本維新の会も相当にひどい。一例ずつを挙げよう。

立憲民主党は、

「各議会で男女同数を目指す」

と公約に書いている。バカの極みだ。大相撲の力士数を男女同数にして横綱を男女一人ずつにしようと言っているような間違いである。

スポーツは男女に分かれている。スポーツだけではなく、囲碁でも将棋でも筋肉を使うわけでもないのに女流というタイトルがある。外科医も内科医もみな男女同数が良いのか。こういう公約を見るだけで枝野と言う人は弁護士というけれど平等・公平の概念すらわかっていない低レベルだと知れるのである。男女公平というのは公平な選抜方式で男女の差別なく諸事選択できるようにすることだ。男女にその特性の差異があることを認め理解する事こそ男女平等の基礎なのである。愚か者!

日本維新の会の公約には、

「議員報酬と議員定数の3割カット」

とある。確か先の衆議院選挙の時は議員数を半分にすると公約に書いてなかったか。選挙が終わったら「そんなこと言いましたっけ」とすら言わずにほっかむりである。絶対に不可能な公約を書いておけば、選挙の後は他党の反対でできませんでしたと言い訳ができる。「ゆうといたらええんとちゃいますか」精神が溢れている。まがい物とみて間違いあるまい。大阪都構想に賛成しないと選挙で対抗馬を立てて公明党の候補者を落選させるぞ、と脅す手法はまるで“筋もの”、尤もそういわれて震え上がり言うことを聞く公明党の魂のなさにも呆れるのだが。

日本人の劣化はとどまるところを知らず。これでは官邸内ですべてが決められ、国会が何の役にも立たぬのがなるほど当然の帰結かとも思えるのだ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM