愚論を読むは馬鹿げたことなれど、愚論たるものを知るために一回だけ読んでほしい

産経新聞に載る”愚論”は様々あれどその最たるものは、その名も「正論」という欄に載る新保裕司の“文章”だろう。新保裕司は文芸批評家と称する人で、何と都留文科大学の副学長なのだそうだ。もっとも7月1日の産経新聞の「正論」欄では「都留文科大学副学長」なる肩書がなくなっていたが。

まずはこの記事を読んでいただきたい。

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190701/0001.html

読む価値があるとなど言える代物ではない。新保裕司は「詩的な文章」を書くことを心がけるそうなのだが、定形詩的ではもちろんなく、散文詩的ですらない、単にわけのわからぬ言葉を並べたような感じのものである。内容は愚論、しかしこのようなものも愚論というものを理解させるための例文としては価値があると思うのである。読むにつれ疑問が膨らみ、反発を覚えるという程度ならともかく、不愉快になり、怒りさえ覚えるような文章・内容には驚く。このようなものを書く人の講義など聞いて意味があるのかと学生たちが気の毒になる。何しろ我が人生でめったに経験しないほどにひどい内容であり文章だ。漢字一文字で表せば「狂」、二文字なれば「妄信」が一番合致するのではないかと感じる。

理解できないことは数知れず。冒頭辺りの、

「先(ま)ずはよく言われることだが、新元号が日本の古典から採られたことは、日本が一国一文明である日本文明を保持する国家的気概を示したということだ。それは、伝統に泥(なず)む保守ではなく、正統に基づく保守が根本であるということに覚醒したことに他ならない」

に関しては、出典の『萬葉集』の詞書は漢文で、その文章は中国の古典から採ったのではないかと思われるから、勿論「令和」は和語ではない。元号制度自身も選んだ元号も中国のものなのである。ただそれが『万葉集』に載っていたというだけで、「日本文明を保持する国家的気概を示した」などというところは異常である。

「『神皇正統記』で北畠親房が、何故(なぜ)正統という言葉を使ったかに思いを致すべきである」

とあるが、理由を述べることはない。知らぬのではないだろうか。室町幕府が『建武式目』において「漢家本朝」と日本の天皇家を中国からの渡来人によるものとしたことなどに反論しようと、天皇家は昔から続く正当なものだと主張する本を著したのであろう。少し後の記述、

「今回の元号が日本の最古の歌集である『万葉集』から採られたことで、令和の時代に生きて元号令和を使用するということは、日本人が意識するか無意識かは別として日本の古代につながっていることになる」

を読めば、「大丈夫か、この男」と感じざるを得ない。その伝で行けば、過去のすべての元号は中国古典から採用したのだから、その時代に生きた日本人は中国の古代につながっていたことになるではないか。また、安倍晋三政権が進める”外国人利用”方針により大量の外国人がすでに日本にいる。そればかりか、「日本人」になってきつつある。日本が民族国家でなくなるであろう時にこの発言である。頭がおかしいのではないかと感じてしまう。そして、

「国学の一つの中心が、『万葉集』である。私は、この歌集から、気に入った和歌を数首、手帳に書いていて、電車の中で折に触れて読む」

と自身の行動を書いているのだが、彼の『萬葉集』はどうやら訳本(読み下し本)ではないのか。万葉仮名としての音読み、訓読、返り点付きの漢文様式、「将」を未来形に使う漢文様式が入り混じる原文を読んでいるとはとても思えないのだ。

こういう人が「正論大賞」を受賞するのだからなおさら産経新聞の「正論」に価値がなくなるのであろう。それにしてもなぜ都留文科大副学長の肩書が消えたのだろうか。辞めたのかもしれないが。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM