日米安保条約破棄に対応できるように常に準備を

安倍首相、に単独インタビューさえできるという産経新聞の阿比留瑠比、その“特別な関係”にはだれもが気付いていることだろう。安倍官邸の意向を受けての応援記事に、批判勢力への非難記事と安倍官邸消防署大手町分署のような活躍を見せる。

産経新聞の「極言御免」(私は「曲言御免」と呼んでいるが)の『怪しい日米安保破棄報道』(6月27日)は、6月25日のブルームバーグの報道、

「トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている」(一部)

に対して、大慌てで打ち消そう、薄めようとの記事を書いている。冒頭は、

「トランプ大統領が最近の私的会話で、日米安全保障条約破棄に言及したとの米ブルームバーグ通信の報道が話題となっている」

とたった2日前の報道にすぐさま書いたことが分かるものだ。そして、

「むしろ筆者(阿比留瑠比)は、元の報道の中身やトランプ氏が会話した時期に眉に唾を付けて眺めている」

と、タイトル通り、ブルームバーグ報道の信憑性を疑う記事を書いたのだ。確認よりも否定記事を急いだところにこの産経新聞記者の生き方が如実に表れているようだ。

阿比留瑠比には残念なことに彼の「極言御免」が掲載されたまさにその日(6月27日)にmsnニュースは次の朝日新聞の記事を伝えている。

「トランプ米大統領は26日、米テレビ局FOXビジネスのインタビューで日米安全保障条約に言及し、「日本が攻撃されれば、米国は第3次世界大戦を戦う。我々は命と財産をかけて戦い、彼らを守る」と強調した上で、「でも、我々が攻撃されても、日本は我々を助ける必要はない。彼らができるのは攻撃をテレビで見ることだ」と主張。条約は不平等だと不満を表明した」

毎日新聞もほぼ同様の記事を掲載した。

さらに、阿比留瑠比の極言御免の翌日である6月28日の産経新聞の「主張」(社説)は、これらの報道の存在を前提に、日米安保条約の構造的な不安定性に言及し、こう結ぶ。

「安倍晋三政権は、集団的自衛権の限定行使を可能にする安保関連法を整えた。日米が守り合う状況をつくる道を開いたが、適用には過度の制限がかかっている。トランプ大統領の指摘するようなケースが起きないともかぎらない。

産経新聞は平成23年、日米が完全に対等な相互防衛体制を確立するよう、安保条約の再改定案を世に問うた。その意義は今も失われていない」

完全に対等な相互防衛体制を確立する、それは素晴らしい。しかし実際にはそれを米国は本心で望んではいないだろうし、安倍首相も心の片隅にもそんな考えを持っていないだろう。

もし米国が核攻撃を受けた場合、日本は軍事的に何ができるというのだろう。中国やロシアに、いや北朝鮮にさえ届くミサイルなどない。勿論核兵器も保有していないし、米国に自衛隊が駐留しているわけでもない。そういった意味で産経新聞の言う対等な「相互防衛体制」などまだ絵にもしていない、空想状態の餅のようなものではないのか。

マイナンバーさえ十分には実用化できなかった政権である。サイバー空間での戦争能力があるのか?竹島さえ取り返せず、尖閣領海内に中国艦船が常に侵入しているのに排除すらできない。自分の頭の上の蠅すら追い払えないのだから「対等な相互防衛体制」など夢のまた夢であろう。自衛官、潜水艦は建造できるとして、ほとんどの兵器は米国製だ。対等もを考えるなら軍需産業の育成を図らなければならないだろうに。

条約をいくら相互防衛にしても、日本にその能力がなければ意味がないのではなかろうか。産経新聞の案の内容を確認しない段階でそう断ずるのは失礼なのだろうが…

政府は内密でも核開発を進めておくべきではないか。(備えあれば患いなし)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM