園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(198)初めてのパソコン経験

かつて20代で石油開発公団石油開発センターに出向した時にコンピューター地質なるクソ役に立たぬものをやらされた。おかげでフォートランでのプログラミングを覚えた。しかし当時はパンチカードで入力といった時代だった。それ以降はコンピューター地質なんてものを全く使わなかったおかげで油田ガス田の発見ができた。

そして49歳にしてジャカルタに赴任した時、ノートパソコンが支給されたのである。初めてのパソコンだった。IBMThinkPadである。OSは探鉱部の近藤君が選んだだけあってマックだった。初歩から近藤君が教えてくれたおかげで使えるようになった。今日毎日パソコンで仕事しているが、近藤君のおかげだと感謝している。

それからしばらくの間は、まだ実作業も始まっていないこともあって、パソコン操作の習得をメインに過ごした。ワープロもemailもすべてが初めての世界だった。まだ光ファイバーによる通信以前の段階で、インターネットは電話線を利用してのものだった。今はほとんど使うことのないダイヤルアップ方式だったのである。

マックを使ってみて驚いたのは、マックはウィンドウズのファイルを読むがウィンドウズはマックのファイルが読めないということだった。またマックではファイルの回復ができるし、トラブルに対する対応が準備されていることだった。パソコンを買い替えるときには必ず、マックに替えようかなとの誘惑にかられるコストの関係で思いとどまってはいるが。

時に本日は7月7日、七夕である。すでに長い間一人暮らしでまるで仙人のように日々を過ごしてきた。とにかく検討、研究と執筆だけに特化したような毎日だった。しかし2月に再婚してからは大変化である。掃除は行き届き、ほこりが積もっていた室内は清潔そのもの、食事には幾つもの料理が並ぶ、リビングには大きな黄色いユリの花が飾られ、洗面所には化粧品が並ぶ、そして青梅を漬け込んだ大型のガラス容器が季節感を与える。もう仙人には戻れないと感じる。七夕など去年までは忘れていた。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM