悪太郎だけでなく嘘太郎もいるようだ

自民党の悪太郎とはだれかなど説明を要しまい。今日は嘘太郎についてだ。その人は河野太郎外務大臣である。

この河野太郎と言う御仁はかつて行政改革に熱意を燃やし、自民党政府に対してもかなり強い批判をしていた。「敵は仲間に入れてしまえ」との戦略だったのか、安倍政権は異端児河野太郎を外務大臣にしたのである。それまでの行動から断るのではないかともいわれたが、喜んで受けたのが意外というか、それが本当の河野太郎だったのかとの印象を強く与えたものである。そしてそれまでの自説はあっさりと封印、信念(あったとして)と異なっても忠実に政府見解を発言する“ヨイ子”に変身したのである。地位のために魂を売るのはよく見受けられることで珍しくはないが、尊敬の対象にはなり得まい。

しかし、今度の嘘はいけない。7月1日に都内で講演した河野太郎外務大臣は、自身の発言を産経新聞に報じられると、ツイッターに「ひどい捏造」と書いたという。産経新聞記者の質問と河野外務大臣の答えを掲載して産経新聞は猛反発している。記事は、

https://www.sankei.com/politics/news/190703/plt1907030001-n1.html

で、ぜひ全体を読んでいただきたい。産経新聞の記事の冒頭は以下である。

「66万人を超える河野太郎外相のツイッターのフォロワーが誤解してはいけないので、事実を示して反論したい。河野氏は1日、自身の講演内容を伝えた「産経ニュース」の記事を「ひどい捏造(ねつぞう)」とツイートし「誤報」と語った。事実を捏造し、誤報を流しているのはどちらか。」

河野太郎外務大臣と産経新聞の斎藤勉論説顧問とのやり取りは新聞記事にはあるが、先ほどのURLには載っていないので、新聞記事から書き起こしておこう。

【講演会での主なやり取り】

産経:日本(の要求)が四島から二島に降りても、やはりだめだとということがだんだん国民もわかってきたと思う。四島返還と言う「歴史的正義」にもう一回立ち戻って交渉をやり直すということは全く考えておられないのか。確認したい

河野大臣:全く考えておりません

産経:「全くない」とおっしゃったのか。これから期待を持っていいという要素はあるのか

河野大臣:あの、70年解決できなかった問題が半年で解決されたら、私と(ロシアの)ラブロフ外相、きっとノーベル平和賞をもらえると思いますんで、そう簡単ではありませんけれども、ここはしっかりやります

 

産経新聞記事は、

「河野氏には日本国の外相にふさわしい、冷静な言動を心がけていただきたい。「厳重に抗議をし、きちんと訂正をしていただきたい」(1日夕)との言葉はそのままお返しします。(原川貴郎)」

と結んでいる。

世界の各所に「全権大使」を駐在させながら、外務大臣自らが世界を飛び回って外交をしたいなどと言う、まるで係長クラスの行動を希望する河野太郎外務大臣は、そのために専用機が欲しいとのたまう人でもある。東京に腰を据えて外交戦略を熟考するような器ではないのだろう。

産経新聞は質疑応答の録音を公開すべきである。「聞き違い」と言われたのではなく「捏造」と言われたのである。そのままにしておいたのでは産経新聞は新聞社としてのの看板を掲げてはいられまい。

データは捏造する、決裁文書は改竄する、証拠となりそうな記録は廃棄する、審議会の報告書は受け取らないで存在を否定する、すべて都合が悪くなると誤魔化す安倍政権の行動パターンそのものではないか。参院選に向け、嘘だらけの様相を呈してきた。

ついに「嘘太郎」が明白になった。ここに「ミニ・外交の安陪」がいた!

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM