憲法制定時に存在しなかったから憲法に規定がない、それは間違いだよ、阿比留瑠比君

産経新聞の「極言御免」欄といえば私が「曲言御免」欄だと呼ぶほど誤りや強弁に溢れる阿比留瑠比のコラムだ。530日の記事の見出しは、「自衛隊に甘えすぎではないか」というもの。安倍官邸の隠れ宣伝係(実際には”隠れもなき“だが)の阿比留瑠比の記事だけに、安倍晋三首相の憲法への自衛隊明記の応援記事なのだろう。そんな性向は百も承知だからその宣伝行動には触れまい。今回はロジックについてコメントしたい。

自衛隊の創設は昭和297月に行われた。近年の内閣府による世論調査(政府統計に捏造が発覚することが多いので、この政府による世論調査の信ぴょう性には注意が必要である)ではきわめて多くが自衛隊を高評価している。このことを指摘した後阿比留瑠比は次のように書いている。

「これほど国民の信頼の厚い組織が憲法で位置づけられていない。勿論、現行憲法の施行時(昭和225月)には自衛隊は存在しなかったのだから、当初書かれていなかったのは当然である」

この文章に阿比留瑠比の限界を見る。国民の信頼の厚い薄いと、憲法のおける記載の有無は異なる次元にある。「お若けぇの、お待ちなせぇ」というセリフでは不足だろう。いうまでもなく現行憲法は日本が軍事強国にならぬようにとの目的もあって制定させたものである。形は明治憲法の改正であっても実態が押し付けであったことは明らかである。その目的から日本が決して再武装できぬように憲法は書かれた。戦力の不保持や戦争放棄条項がこれに該当しよう。「その時に自衛隊がなかったから憲法に書いてない」など小学生に笑われる愚かな言い訳ではないか。どうせなら嘘ももっともらしいものにすべきだ。これが新聞記者なのか?

私自身は58年前の、中学生、13歳の時に『日本国憲法失効論』を読み、それに刺激され、「憲法調査会報告書」も拾い読みした。そして憲法は全面的に書き換える、つまり新憲法的なものを作り形だけは現行憲法の改正手続きで済ますのが良いとずっと考えてきた。

国家の軍事力は、個人の正当防衛の権利という基本的人権と同様の基本的権利であろう。戦力不保持条項をそのままに、軍隊たる自衛隊を憲法に併記するなどという、自己矛盾を抱えた憲法改正という姑息なことなどをせずに正々堂々正面から全面的に変えるべきである。

何やら財務省の決裁文書の決済後改竄と似たにおいを感じる。同じ安倍政権下のことなのだからそうなのかとも理解できるが。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM