アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(245)

525日(昨日)は東京でのミーティングを終えて仙台に戻る日だった。夕方に乗った新幹線はやぶさ29号は定刻を過ぎても発車しなかった。関東地方(千葉県)で大きな地震発生とのことで遅れた。そんな遅れはさしたることではない。トランプ米国大統領が訪日するとあって東京は警察官だらけだった。異様な雰囲気である。だがそれもまだ大したことではない。異様に過ぎたのは東京駅だった。通路も何もかもが板で囲われ、通れない通路が多く、逆に言えばわずかなルートしか新幹線に向かうのに利用できないという不便さだった。ゴルフだ、相撲だという訪日にいったいどれだけの税金を使っているのか、どれだけ国民に迷惑をかけているのかと、政府の神経を疑った。

さて本日の特別ランチは「マグロの味噌カツ」である。それも本マグロの生をカツにして仙台味噌でという豪華さだ。味噌カツと言えばとんかつを使った名古屋の味噌カツが有名だがマグロの味噌カツはそれに勝つ味であると思う。付け合わせの野菜の素揚げは、ズッキーニ、エリンギ、カボチャ、ナスなどである。味噌とともに皿の上を芸術的に飾っている。

もう一つ特記しなければならないことがある。いつものチラシ寿司ではなく本日は本マグロのづけ丼だったことだ。甘く、柔らかく、脂ののった生本マグロは見た目もつややかで舌触りはなめらかで、ほんのり甘い。写真からでもその旨さは十分想像できると思う。

小皿には「おかひじき」のゴマ味噌和えがあり、東北の初夏の野趣を添えていた。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM