北方領土交渉における安倍晋三首相の失敗を指摘する産経新聞

安倍晋三首相が日本が営々と築いてきた北方領土交渉の成果を、「自ら」「一方的に」捨て去り、ロシアとの平和条約締結に前のめり、いや、つんのめり状態になったのはつい最近のことである。改憲も同様だが、内容などにはこだわらず、とにかくそれを成し遂げた男になりたいとの個人的願いで行動しているように見える。

産経新聞(5月14日)の一筆多論欄には岡部伸論説委員の「四島は日本固有の領土だ」との論説が載っている。今回の外交青書から従来存在した「北方四島は日本に帰属する」という表現を消し去ったというのだから、領土放棄と言う文字通りの売国行為を日本政府(安倍政権)が先頭に立って行っていることになる。

如何に、安倍服従型の産経新聞でもそれは許容できないのだろう。少し岡部伸の記事を紹介しよう。

「しかし、日本政府は北方領土問題を含む平和条約交渉の進展を図る思惑から、昨年11月の日露首脳会談以来、ロシアを刺激しないように「帰属の問題」「日本の固有領土である北方領土をロシアが不法占拠している」との従来の主張を封印。平成31年版外交青書でも30年版にあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が削除された。ロシアは、これにつけ込み、来年度から使用される小学校の社会科教科書に北方領土が「日本固有の領土」と書かれたことに「ばかげた主張」「歴史を歪曲(わいきょく)している」と批判し、攻勢を強めている。」

そして、

「ロシアに配慮して本来の主張を控えたことが逆に攻勢を招き、交渉が停滞した側面は否めないだろう」

と書いているのである。さすがに産経新聞だ。安倍晋三首相と書きにくかったのだろうか、「日本政府は」と主語を替えている。

だが、「ロシアに配慮して」と言うのだが、それは少し的外れではないのか。任期中に日露平和条約をまとめた首相として名を残さんがために、任期中にまとまるようにとの「自分の願望成就に配慮して」交渉条件をロシア側の主張に近づけたと解するべきなのではないか。

「滅私奉公」は美徳だが「滅公奉私」では日本が滅びる。「自分が自分が」と言う生き方の者に国を託してはならない。元寇の際の北条時宗の気概がまぶしい。

INPEX情報】

日本では可能な限り情報非開示を貫く国際石油開発帝石のイクシス情報だが、オーストラリアでは比較的頻繁に新聞記事になっている。以下に紹介しておくので興味のある方は一読してみてはどうか。

Inpex plant builder JKC in court fight setback

JKC Australia LNG, the builder of the Ichthys LNG plant in Darwin, has had a loss in its $2.8 billion stoush with the power station subcontractors that walked off the site in January 2017

https://www.ntnews.com.au/subscribe/news/1/?sourceCode=NTWEB_WRE170_a_GGL&dest=https://www.ntnews.com.au/business/28-billion-stoush-with-inpex-power-station-subcontractors-in-court/news-story/b0f61509ef59638f22c136c44eb46bd9&memtype=anonymous&mode=premium&is_silent_authentication=true&error=login_required

Inpex site evacuated over package

A SUSPICIOUS package at the INPEX Gas Plant led to an evacuation of the site after reports were made before 11am on Sunday morning

https://www.ntnews.com.au/subscribe/news/1/?sourceCode=NTWEB_WRE170_a_GGL&dest=https%3A%2F%2Fwww.ntnews.com.au%2Fnews%2Fnorthern-territory%2Finpex-evacuated-after-suspicious-package%2Fnews-story%2F97c67c61c2aa0a99cdd7aa78f40bafb9&memtype=anonymous&mode=premium

Ichthys constructor JKC suffers loss in $2.8b power plant dispute

Peter MilneThe West Australian

Saturday, 25 May 2019 12:31PM

https://thewest.com.au/business/energy/ichthys-constructor-jkc-suffers-28-billion-loss-in-power-plant-dispute-ng-b881209979z

How Okawa became Inpex's wizard of Oz

New president director who set up first base in Perth 21 years ago now feels 'part-Aussie' - even down to enjoying the odd touch of Vegemite

https://www.upstreamonline.com/hardcopy/1784625/how-okawa-became-inpexs-wizard-of-oz

大川氏を「オズの魔法使い」になったとする表現に、イクシスの経緯も、大川氏のプライベートな面も若干見知っているためか興味深く感じた。Oz(オズ)がOZ(オージー)とかけているなら、なかなか大したものである。まだ内容を読み込むゆとりがない…が、確か魔法使いとは「実体のないもの」を「実体のあるもののごとく見せる」のではなかったか…

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM