男系子孫には同一のY染色体が継承される

天皇は男系男子でなければ継承できないというのは決まりのようだ、それも意味のある。産経新聞の「正論」欄に動物行動学研究家の竹内久美子が『天皇が男系男子の理由を説く」との一文を寄せている。極めて分かりやすいので肝心のところを引用しよう。

「人間は22対の常染色体と一組の性染色体を持っている。性染色体は女でXXで、男でXYという状態だ。常染色体と、女の性染色体の場合は対になっているので生殖細胞がつくられる際に交差が起きる。染色体のどこかに切れ目が入り遺伝子を交換するのである。ところが男の性染色体であるXとYは、対になっていない。そのため交差が起こらないのだ(ただし厳密には、最末端部分では交差が起きるが、その他の部分では起きない)。よってYは父から息子へまるまる一本、ほとんど変化することなく受け継がれる」

つまり男系男子でつないでいけば子子孫孫に至るまで同一不変のY染色体を伝えていけるのである。男系男子による血統の継承に意義のあることが分かるだろう。基礎知識が不足の者たちは男女差別の何のというが自然は男女を差別したのではなくて区別したのである。異なるからこそ変化が生まれ進化が起きるのだ。

さてそんな明快な説明をする竹内久美子も歴史は詳しくないようだ。126代の天皇がすべて男系なことが世界でも稀有なことだとしている。「それが事実ならば」と言う前提を付けることを忘れたようだ。そこが残念でならない。勿論は“万世一系”など政治的意図に基づく”お話”であり事実ではないことははっきりしているのだが。天皇陵と呼ばれ、宮内庁によって「比定」と言う名の”割り振り”をされた陵墓類の調査を許さず、DNA鑑定もさせない対応からも、万世一系なるお話の証明を忌避しており、「万世一系」が”虚構”であることを逆に証明しているように思える。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM