INPEXのイクシス、厚化粧の仮面顔の下に見えるのは…

国際石油開発帝石(INPEX)がイクシスのガス田開発、長距離の海底ガスパイプラインの敷設、LNG製造施設建設という3つの大プロジェクトを同時進行で実施したことは事実である。そのような事業のオペレーター未経験の国際石油開発帝石だけに、技術面でも安全面でも多くの問題を引き起こした。工程の大幅遅れとコストの大幅超過がその経済性に多大な影響を与えたことは間違いない。オーストラリア政府にPRTを納めないと報道されていたが、それはプロフィットがないということを意味するのである。

さてそのイクシスだが、すでに昨年からLNGの生産を開始し、生産量には問題があるようだが、一見順調に出荷を続けている。このような巨大プロジェクトが成功し、キャッシュフローを生み出すようになれば会社の株価もそれなりに上昇するのが普通なのだが、何と年初来最安値に近いとことにあって、上昇しない。株主というのは会社の状態を何故か察知するものらしい。なんとPBRが0.47程度というのだから、将来性が評価されない、つまり夢がないと判断されている会社なのである。

さて、国際石油開発帝石はガス生産が始まったばかり、LNG生産も始まったばかりのイクシスの第二次開発に取り掛かっている。常識的なビヘイビアーではない。それが必要ならば、第一次開発において生産井数を多くしておけばよかっただけである。裏事情があることが透けて見えてくる。鍵は2点だ。

  • 一次開発時の開発井は20坑だった。しかし最初の2坑が仕上がらなかった。(当時からそこまでしか情報が洩れてこなかった)
  • 先の決算発表の中で、生産井として仕上げたのは16坑だと話している。(動画音声で聞いたので間違いないと思う)

一次開発の途中に第二次開発の計画をし、第一次開発が終わるや第二次開発(生産井の掘削作業)に取り掛かるとの動きから、イクシスは根本的に埋蔵量が不足しているだろうと私は予想し、このブログにも書いてきた。しかし、決算発表時の「生産井が16坑しかないとの説明」を聞いて、埋蔵量不足は「予想」から「確信」に変わりつつある。

およそ開発井というものは確認埋蔵量存在域(Proven Area)内に掘削されるものである。掘削中の坑内トラブルなどにより生産井として仕上げられない場合もあるが、その場合はサイドトラックなどをして掘削しなおせばよい。従って通常生産井が仕上がらないという結果になるのはそこに生産に寄与するだけのガス埋蔵がなかったことを示すのである。

20坑のうち4坑が仕上がらなかったということは最低20%の埋蔵量の減少を意味しているとみてよいだろう。問題はそれだけにとどまらない。埋蔵量のないエリアを確認埋蔵量のある所として評価してしまっているという、信じられないほどの技術的「低能力」を証明していることにもなるのである。ひと言でいえば、埋蔵量粉飾の疑いが極めて濃いのである。

この埋蔵量不足は、埋蔵量の補充を急務とする。そこで第二次開発ということになるが、それにも自信がなければ近隣で新たなガス田を発見しなければならない。国際石油開発帝石がイクシスの周辺の、なんと18にも及ぶ探鉱鉱区で探鉱作業を実施中だという行動がその状況に符合する。

イクシスのプロジェクトは40年継続する。絵にはどんな“嘘”でも描けるのだが、その40年先を、少なくとも当初説明を下回らなかったと言えるようなものにするのが技術屋の良心と言うものではないか。(事務屋の良心には期待しない)

もっともあの嘘にまみれた石油公団の連中が現在の国際石油開発帝石を、天下りとともに動かしているのだから「正直さ」などもともと持っていないと思うべきなのかもしれないが。それにしても生産井掘削で20%も非生産域に掘ったのなら…ヘボ!

国際石油開発帝石に「透明性」があればこのような“読み”は必要ないのだが…

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM