ミサイルを飛翔体とは、なんとも幼稚な細工をすることよ

産経新聞(510日)の一面トップ記事の見出しは「北、飛翔体また2発」という。どうやら「ミサイル」と言いたくない安倍官邸が「飛翔体」との表現をメディアに求めているらしい。同記事には、日本の防衛省の見解は全く載せずに、韓国軍合同参謀本部が「短距離ミサイルと推定される」と発表した、とある。自衛隊は北朝鮮から発射され、日本海に向け”飛翔”したものがミサイルか否かも区別できぬのか。その程度の能力なら日本の防衛に役立たないではないか。憲法を改正してまで、自衛隊の立場を良くしようとする意義を感じなくなるぞ。

安倍晋三首相が北朝鮮の金委員長と会談したがっているから刺激したくないというらしいのだが、それが会談も交渉も危うくしていることに気づかぬとは、官邸のブレーンが悪すぎるのではないか。

さて、

ミサイル→飛翔体

働かせ方→働き方

領海侵犯→領海侵入

FTA−>TAG

58日の産経抄には、

「発達心理学でいうところの「試し行動」にすぎない、との見方もある。幼児がわざと言うことをきかなかったりいたずらをして、親や養育者がどこまで受け入れてくれるのか確かめるためだ」

とある。これはミサイル発射をした金委員長の行動を分析したものだが、同様に「どこまで言い換えで誤魔化せるか」の『試し行動』を安倍晋三政権が国民に対して行っているともいえよう。

錦の御旗を捏造した薩長が明治維新を達成し、大東亜戦争では敗北して敗走するのに、「転進」と言い換えた政府のDNAはしっかり安倍晋三政権に引き継がれているようだ。

なお、同産経抄には、

「日本人拉致問題解決のために、「条件をつけず」に会談する意向を示した。非核化と拉致被害者の全員帰国が実現しない限り、北朝鮮への経済支援はあり得ない」

とある。安倍晋三首相は、拉致問題解決のために無条件で会談する、「虚心坦懐」に話し合うと述べている。金委員長に、「拉致問題を話し合わなくても会うだけでいいですよ」と言っているに等しい。ロシアに対し「4島でなく2島だけでいいですよ」と呼びかけたのと同じだ。解決などできぬと知って、会談だけでもして点数を稼ごうとしている子供のようだ。また、誘拐犯が誘拐された人を解放したら金をやる、みたいな産経抄の論調は間違いである。こういう身代金目当ての悪を受け入れるようなことを産経新聞が書くとは…、しかし「金で解決したい」との安倍政権の意向を忖度した記事なのかもしれない。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM