産経新聞よ、これはインタビューではなく安倍首相の声明文のようなものではないか?

53日の産経新聞には51日に行ったという産経新聞の安倍首相単独インタビュー関係の記事が載っている。インタビュアーは阿比留瑠比と小川真由美となっている。この阿比留瑠比は、、安倍政権の”代弁”役として野党を批判し、朝日新聞をけなす、安倍晋三首相の覚え目出たき人物である。いわば”歪んだ鏡”のようなもので、実態を公正に伝えない傾向が見える。

さて単独であろうとなかろうとインタビュー記事だと産経新聞は言う。インタビューとはウィキペディアの冒頭によれば、

「二人かそれ以上の間での会話で、一方が他方に質問をして情報を得るために行われるものである」

である。しかし一面の記事にも、五面の「首相インタビュー詳報」にも、インタビュアーの質問がなく、安倍首相の発言がまるで用意した草稿を読みながらの演説のような調子でそこにあるだけなのである。

第一印象として、官邸から印刷資料を受け取って、あたかも単独インタビューをしたかのごとく装ったのではないかと感じた。対話型のインタビューに認められる躍動感がまったくない。首相動静には51日の正午から1233分までは産経新聞のインタビューとなってはいるが…その通りかどうかは分からない。

さて拉致問題と日朝首脳会談について安倍首相は、

「トランプ大統領は金委員長に対し、拉致問題に関する私の考えを明確に伝え、両首脳間で真剣な議論が行われたのです。

 大変、有意義だったと認識しています。極めて大切な時間を使って、トランプ大統領は拉致問題について話をしてくれたわけですから。向こう側(金委員長)も、拉致問題に相当大きな、重要な意味があると受け取ったと思いますね」

と語ったそうだ。トランプ大統領が金委員長に安倍首相の考えを真剣に伝えたといったとの話を安倍首相が「聞いたと言っているだけ」である。「極めて重要な時間を使って話した」などを考慮する相手と思っているところが“甘ちゃん”に見えないか。そして、

「まずは現在の日朝間の相互不信の殻を打ち破るためには、私自身が金委員長と直接向き合う以外はない。ですから条件をつけずに金委員長と会い、率直に、また虚心坦懐(たんかい)に話し合ってみたいと考えています。金委員長が国家にとって何が最善かを柔軟、かつ戦略的に判断できる指導者であると期待しています」

とも語るのだが、「直接向き合う以外にはない」と随分長い間言っているようだが、実際にはトランプ大統領にも、フランスのマクロン大統領をはじめとしたヨーロッパの首脳にも「拉致問題解決にご協力を」と”明後日の方向”に頼んで回っているだけではないか。だがインタビュアーの阿比留瑠比は何も発言しなかったようだ。ジャーナリスト、新聞記者など不要で、録音装置だけあればよいのではないか。

さて北朝鮮は日本人を日本に侵入して連れ去った誘拐犯である。その誘拐犯に「まったく条件を付けずに会って、虚心坦懐に話をする」とは何事か。ロシアにだって多くの多額の経済協力案件を土産に、やっと会ってもらっているのが現実ではないか。それこそ「拉致問題には触れません、経済援助の用意あり」とでも言わなければ会ってなどもらえまい。「会いたい」と言った方がすでに交渉では後れを取っているのである。そこからも真剣身のなさが伝わってくる。無条件でとなれば、会談の内容すら決められないのではないか。拉致問題を取り上げることができなければ何の会談ぞ。

国内向け「やったふり外交」では日本の未来は開けないと感じるが。

最後に、「期待します」という言葉だが、「前向きに検討します」=「何もしない」などの役所言葉と同様に本当の意味は「期待できない」『可能性などほとんどない』場合に使うものである。英語でも同様で、そういう場合には「hopefully」という。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM