アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(220

台風25号も北に去り、仙台は若干風が強いものの晴天である(10月7日)。

本日の特別ランチは「牡蛎とキノコのニンニク・バターホイール包み焼き」である。牡蛎は勿論地元産。ようやく出始めて、昨日は今シーズン初の牡蛎フライを食べたところだ。今年の牡蛎は味が濃縮した感じだ。

キノコは、エリンギ、シイタケ、シメジ、舞茸、エノキと種類が豊富だ。さらに古川茄子と隠元が入っている。日本酒でフランベした後焼き込んだというだけあって、出来上がったバターソースが絶品である。もしも自宅でなら、ソースも飲み干しただろう。キノコの中では厚手の椎茸が、独特の香りと風味を出していた。

デザートはこの季節の定番、イチジクのコンポートである。

「補足」昨年秋、嫌がらせにしてはひどすぎるサイバー攻撃を受けた。修復をしたのだが、IO機能が回復できず、写真画像の取り込みもできなくなった。そのため、写真なしでは記事にならない「アヴェード ヴァスクレセーニア」(みちたけランチ)も掲載できなくなっていた。PC環境を一新し、写真掲載が可能となったので、少しずつグルメ関係を再開しようと思っている。昨秋以来の記事をどのように掲載していくか検討してみたい。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM