従軍慰安婦問題、朝日新聞だけが悪いのではないだろ

最近阿比留瑠比の極言御免についてコメントをしてこなかった。コメントする気になるようなものに出会わないためと言っては気の毒か。228日の産経新聞の「極言御免」の「韓国と朝日新聞 酷似する手法」なる一文を読んで久々にコメントする気になった。

内容は主に、いわゆる従軍慰安婦問題に関する朝日新聞原因説である。これしかないのか、と聞きたくなるような毎度繰り返しの記事なのだがやや面白いことを書いている。

「朝日は宮澤喜一首相(当時)の訪韓直前の平成41月、「慰安所、軍関与示す資料」という記事を1面トップで掲載し、後に誤りだと判明する…」

と朝日が誤報をしたと指摘している。意図的かどうかは別として誤報を朝日が行ったのは確かなようだ。そしてそのことが従軍慰安婦問題の原因となったことも確かだろう。阿比留瑠比はそれに基づいて朝日が元凶だと口を極めて“ののしる”がごとき筆遣いを見せるのである。しかしそのあとに続くところに、

「いずれも根拠のないデタラメだが、動揺した宮沢内閣は加藤紘一官房長官(当時)が「お詫びと反省」の談話を出すなど事実関係を調べもせずに誤った」

と書いている。

朝日新聞という、左寄り(韓国寄り)の一新聞が書いたデタラメ記事を、それも日本の名誉がかかった内容にもかかわらず、調べもせずに宮沢内閣が韓国に謝罪したとあるのだ。それならば、その宮沢内閣は愚か者を通り越した国賊並みの大失敗をしているのだし、従軍慰安婦問題の主要な原因を作った犯人だということではないか。それを悪いのはすべて朝日との論調で書く阿比留瑠比は偏向著しきものと断ぜられよう。その宮沢内閣の対応に、

「海外では日本政府が強制を認めたと報道され」そして「訪韓した宮沢首相も8回も謝罪する」状況だったそうだ。

この阿比留瑠比の論述からは朝日新聞よりも日本政府を代表していた自民党の宮沢首相に従軍慰安婦問題の原因を作った罪があることになる。しかし阿比留瑠比は、

「朝日の間違った記事を前提に政府が謝罪を重ねたことで、問題は既成事実化されてしまったといえる」

とまで書きながら、責めるのは朝日新聞だけという不公正な扱いをして恥じないのである。およそ信用できない記者と断じてよかろう。産経新聞社内で何の問題にもならないのが不思議だ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM